JR西日本 関西本線 「月ヶ瀬口駅」 煉瓦トンネル  (京都府相楽郡)


 月ヶ瀬口駅の下に広がる町にあった案内板。
17041301.jpg

早速探しにいきます。
17041302.jpg

17041303.jpg



17041304.jpg
トンネルの上に駅名表示は珍しい。そう、このトンネルの上に関西本線の線路があって、ホームがあるんですもの。

17041305.jpg

17041315.jpg
フランス積の大きなトンネルです。



17041307.jpg
途中からちょっと形状が変わっているのは、あとになって延長したのかもしれません。





トンネルを抜けました。
こちらの方がゆったりと留まれるのは、車の走っていない場所が広いからです。
煉瓦トンネルは歩行者用、コンクリートトンネルは車専用というところでしょう。
17041306.jpg

17041308.jpg

17041310.jpg



あれ? 右側の茂みの中にも、何か空洞がありそうです。

17041311.jpg

17041309.jpg

またトンネルを戻って、空洞の先を見てみる事にします。



17041313.jpg
小さなトンネルから、水が流れ出ています。

17041312.jpg

これは「川を流す拱渠・殿田川橋梁」だそうです。





今回これらに対しては、なんの予備知識もなく、現地の案内板と足で見つけた鉄道遺産でした。
既に人により、解説されていたものとは言え、自分でのまったくの発見というものは、感動ひとしお。

最初の、大きなトンネルは「伊賀街道架道橋」との事です。

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/3808-011820ae