JR西日本 関西本線「加太(かぶと)駅」 (三重県亀山市)

新堂駅から、柘植駅を通り過ぎ 加太駅。
柘植駅~加太駅 の通称「加太越え」をしっかり観察したかったのですが、ここでもまた満員の車内の中、車窓に目をやりカメラを構える状況ではありませんでした。

加太駅下車。 去りゆく列車を見送ります。

17041901.jpg




17041917.jpg

17042001.jpg

17041902.jpg
なんとも寂しい感じがするのは、装飾らしきものがない簡素な造りであるからでしょうか。
足元にも何もない。 地面ただ置かれただけかのような印象を受けます。



17041903.jpg

17041908.jpg

でも近寄れば、木の香 往時の情景を感じます。




それは、待合室に入るとなお強く、作り付けのベンチ。 シャッターで塞がれてしまった二つの大きな窓。
きっと、改札口と小荷物扱所だったのでしょう。
17041904.jpg

17041909.jpg

17041910.jpg

ホームと待合所の間がオープンになっているのは不思議です。
冬の寒い時期はどうするんでしょ。 建具は取り外されたような造りです。
17041911.jpg

17041912.jpg

17041915.jpg





17041905.jpg







17041906.jpg

17041907.jpg

17041914.jpg










関連記事

今は亀山市ですが、前は関町でした。関は東海道の昔の風景があるから有名ですが、加太は関西本線の加太トンネルが有名でした。柘植からずーっと山でトンネル(長かったです)がありました。私が小学生6年のとき、伊勢旅行でした。先生がトンネルになったら窓をしめないと、石炭の煙がはいってくるからといわれました。狭いトンネルだから煙が列車の中にはいてくるんですね。でもその列車は快速列車でした。トンネルすぎると、信号所があってそこでスイッチバック(小学生の時はわからんかった)バックしてまた亀山のほうへ。楽しい修学旅行でした。
[ 2017/04/28 00:39 ] [ 編集 ]

★そば打ちおじさん

私と10年違うだけで、そのような経験をしておられるなんて羨ましいです。
私の場合は長等小学校からバスでした。
時間もかかったんでしょうね。 私はお昼前には伊勢に着いていて岩戸屋でお弁当を食べました。去年 伊勢へ行ったら随分立派になっていて驚きました。

蒸気機関車に乗ったという記憶がありません。国鉄の線路を走っているのを見たというかすかな記憶だけ。。
長い蒸気機関車が関西本線を走っている姿を見たかったです。
[ 2017/04/28 21:28 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/3814-ad18b281