JR西日本 草津線 「御庄野(ごしょうの)橋梁」

17050401.jpg

17050402.jpg

綺麗な築堤沿を北へと足を進めます。
昨今は高架線路が大半を占めるようになりましたが、地に足。。地に車輪が着く築堤は、やはり美しく落ち着くものです。



17050403.jpg
未舗装の道路の先に見える、煉瓦アーチトンネル
「御庄野橋梁」


17050404.jpg

17050405.jpg

17050406.jpg

17050407.jpg

今から120年も前に、造られ今も現役、その耐久力と技術に感動します。
細かな所にまで、凝った装飾があるのも、当時の心意気の表れでしょう。




17050408.jpg


この橋梁の上を何本の列車が走ったことでしょう。
何人の人が列車により運ばれたことでしょう。

歴史を目で感じます。


関連記事

御庄野橋梁のトンネルはねじりマンポですか。ねじりマンポ私よくわかってないけど、トンネルの煉瓦がねじれているのですよね。
東海道の草津の南笠に狼川のトンネル(工事で片側しかのこってないけど)ねじりマンポといわれています。狼川は天井川 で、トンネルにしたそうです、同じころ草津線も開業ですよね、大砂川のトンネルも天井川ですよね、このトンネルは関西鉄道のマークがあるようです。
[ 2017/05/08 02:03 ] [ 編集 ]

★そば打ちおじさん

有名なねじりまんぽは、蹴上駅のとこるから南禅寺に抜けていくトンネルですね。
見ていて、ねじれてるなぁ。。ってわかりますよね。 
以前、その工法を教えてもらったことがあったのですが、私もよくわかりませんでした。
草津線には鉄道遺産がたくさんあります。
[ 2017/05/09 22:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/3823-2680d7ec