JR西日本 草津線 「貴生川駅」 (滋賀県甲賀市)

 草津線には、1972年(昭和47年)まで蒸気機関車が走っていたようで、全線電化が昭和55年という歴史から、ローカル色が濃いようなイメージがあるのですが、残念ながら駅舎は近年どんどん橋上化され、つい先日も、思い出のある三雲駅も橋上化しました。
 貴生川駅と言えば、さらに南に位置しているのですが、信楽高原鉄道、近江鉄道との乗換駅である事からか、1986年に橋上化したそうです。画像検索しても旧駅舎がなかなかヒットしません。やっとみつけた駅舎はやはり瓦屋根の落ち着いた木造駅舎で どうして「そのまま」でなかったかなと。。木造駅舎ファンは残念でなりません。

17050508.jpg

17050509.jpg



17050502.jpg

17050503.jpg
駅にあった なにやらレトロな車両。
昭和42年製造の車両で、近江鉄道創立120周年記念企画として当時の「赤電」塗装に復刻されました。
近江鉄道では1960年代から1980年代まで走行していたそうです。
これは、一度乗車しないといけません。しばらく近江鉄道に乗ってないので、何か面白いものと組み合わせて出かけましょうか。




17050504.jpg
近江鉄道とJR草津線。




17050505.jpg

17050506.jpg

17050507.jpg

17050510.jpg

そこかしこに 忍者。忍者。忍者。

先月28日 「忍びの里 伊賀・甲賀」が 《日本遺産》に、認定されました。
努力の賜でもありましょう。。

関連記事

先月近江鉄道と信楽高原鐵道が乗り放題の
びわこ京阪奈線フリーきっぷの旅で貴生川駅久しぶりに行きました。
目的は初めて乗る信楽線でしたが天気もよく
桜がたくさん咲いていた駅もありました。

草津線も暫く乗ってなくて113系がメインかと思ったら日中に221系が走ったりと
ローカル線から京阪地区のベッドタウン線に変わってる印象ですが
貴生川を境に柘植までは本数減るので駅巡りしたくても
時間が余るので難しいです。
最後の忍者の絵可愛いですね。
[ 2017/05/08 13:51 ] [ 編集 ]

昨年11月に信楽にいったときは、忍者の関連は何もなかったですね。日本遺産に登録する予定でやったんですね。貴生川駅は昔のは思い出せません、でも杣川のほうに駅舎があったはずです。いまは水口行のバスがあるところはなかったと思います。前の三雲駅と同じ風景かな。
近江鉄道の赤電は1回のりました、この電車は自社製かな。いまでは全部西武の電車に代わっていますね。
[ 2017/05/08 21:43 ] [ 編集 ]

★burning s さん

burning s さん お久しぶりです。ご無沙汰しています。

桜の季節にこちらにいらしておられたのですね。
草津線の駅も、少し前までは昔ながらの駅が多かったのですが、どんどん新しくなっています。 近江鉄道の駅もそうで 私のように古い物好きはどこも急がないといけません。
駅巡りの効率的には滞在時間30分位ですね。ゆっくり写真撮ってぐるっと周りを見渡せる。。
2時間も3時間もとなると、上下のダイヤで工夫するのですが、それもうまくいかないことが多く、結局 乗り鉄になってしまったります。
[ 2017/05/09 22:09 ] [ 編集 ]

★そば打ちおじさん

三雲駅のような感じが好きです。

貴生川駅も柘植駅も 忍者忍者忍者。。
日本遺産のためだったんだなぁと、認定のニュースを帰ってきてから聞いて気づきました。
忍者屋敷もありますものね。
伊賀では忍者の衣装も借りられるんですよ。
[ 2017/05/09 22:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/3824-91456e0c