JR西日本 草津線 「新道橋梁」  (滋賀県)

貴生川駅から 築堤沿いののどかな道を歩いていると、再び橋梁です。

17050901.jpg

小ぶりですが、舗装されていない道路には、しっかり轍がついていて、地元の方の生活道路になっている事がうかがえます。

17050902.jpg

120年以上も前に作られた煉瓦造りの橋梁の上を今も、列車が走る。。
なんと、素晴らしい事なんでしょう。
この周辺の風景は、120年間、きっとあまり変わる事はなかったのだろうと思います。。


17050903.jpg

17050904.jpg

アーチ頂点部分の上 横に走る煉瓦模様は、編みこんであるように見えます。
細部にもこだわった装飾が施され、当時の思い入れが大きかった事を物語っています。
関連記事

草津線も3種類の電車が走っています。新堂橋梁の上を走っているのは、221系ですね。大阪まで行く電車と草津と貴生川までの列車です。
117系のありますね、6両編成です。昔の色わやめて滋賀県はモスグーリーンかな、117系は新快速で関西にデビューしたんですね、でも2ドアーだったから、いつもいっぱいでした。今は改造されてロングシートになっています。
113系の電車は湖西線と共通仕様で 113-5000番だったかな、寒さ対策だったかな、今は転換シートに改造されてよくなっていますが、湘南色もなくなりさみしいです。でも113系は空気ばねではないから、よく揺れますね。でも113系が主力です。
JR西日本は古い車両を長く使っています。京阪も古い車両が多いですが、外も中もきれいですね。掃除のしかたがJRと違うのかも。
[ 2017/05/12 09:07 ] [ 編集 ]

★そば打ちおじさん

そば打ちおじさん、車両についても随分とお詳しいですね。 私はさっぱりわかりません。
この電車は東海道本線も走っているからいい電車だとわかりましたが、草津線は、今じゃモスグリーンが似合うようになったと思います。

昔はとごも湘南色電車ばかりでしたね。愛嬌のある色だったと思います。

車両についてはよくわからないけれど、私の場合乗り心地よりも古い車両が好きです。
[ 2017/05/15 20:06 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/3828-e6fb21e4