FC2ブログ







ペンションで暖かいおもてなし。

 ペンションまで「森の小径」を歩いて行こうとして、途中で迷ってしまいました。
 子供を遊ばせている若い奥さんに道を尋ねると、「あ、ここ私の舅姑がやっているんですよ。 今、電話して迎えにきてもらいます」
偶然、声かけた人がそちらのお嫁さんだとは。。何かのご縁だったのでしょう。

ペンションに着くと「ま 珈琲でも飲んでくださいな」
06080613.jpg


 聞けば、その日の宿泊は私一人とのこと。。。

 お風呂、お手洗い、テレビは共同でしたが、どこも一人で好きに使わせて頂きました。
 06080614.jpg


森の中の静かな静かなペンションでの一夜。。
何もない部屋で一人。。ぼんやりしながら早めに眠ってしまいました。
06080610.jpg



06080611.jpg


 そして「せっかく清里に来て頂いたのだから」と 朝 車であちこちを案内して頂きました。 しし岩、野辺山、高原野菜畑。。。
 観光そのものが少なくて寂しいと思っていた旅、電車移動では見ることのできなかったたくさんの場所。
 
 降ろして頂いたのは 鉄道最高地点 小海線「野辺山駅」でした。
 またお会いしましょうと 車から何度も何度も大きく手を振ってくださいました。


 「電車に乗ること」に重きをおいていた私に 思いがけない「心のふれあい」でした。

 今回の旅を暖かいものにして下さったのは こちらのコミュニティ・ホームペンション「林林」さんでした。
 
 
06080612.jpg


関連記事
[ 2006/08/06 22:56 ] ---まちあるき--- 山梨県 | TB(0) | CM(6)

一組だけの客

わしも、ペンションのその日の一組だけのお客になったことがありますよ。
白馬村でしたな、あれは。
可愛い宿の子供が白いエプロンで給仕してくれました。フランス料理、安くて美味しかった。静か過ぎて寝付かれず、備え付けの「釣りキチ三平」というマンガを全巻朝までかけて読んでしまったアホな思い出が(笑)
yumeさんは、「心のふれあい」できて、とても心潤って帰ってこられることでしょう。
[ 2006/08/06 23:58 ] [ 編集 ]

龍3さん

★龍3さん
今回 特に「ペンション」にこだわったわけじゃなく、「清里」ってところに泊まろうと思って「じゃらん」で検索して一番お安かったから。。という理由だけで こちらへの宿泊となったのです。
「ペンション」というところに宿泊するのは実は今回が始めて。
少し おっかなびっくりでしたが、その暖かいおもてなしに感動でした。

形式的なものでない、真心のおもてなし。

あ~ ペンションってこういうところなんだなぁって知りました。
[ 2006/08/07 10:09 ] [ 編集 ]

おかえりなさい!

yumeさん、お帰りなさい!
とても素敵な旅をされたのですね。
私も清里には1度だけ行ったことがありますが、ゼミ旅行だったのであまり印象に残っていないのです。
でもそんな素敵なペンションがあるのなら、家族で行ってみたくなりました。

ペンションは1度だけ泊まったことがあります。
1人で泊まるのは緊張するかと思ったのですが、そんな風におもてなしして頂けると居心地がよいですよね。
いつも家でも外でも働いているyumeさん。骨休めができて、副産物をたくさん持ち帰れてよかったですね!
[ 2006/08/07 16:05 ] [ 編集 ]

aya さん

★aya さん
気軽に気ままに泊まるならビジネスホテルがいいのかもしれないけど、ずっと一人で過ごしていると夜のそんなふれあいは、ほっとします。

またどこか行きたいなぁ。仕事いやだなぁ。。なんて贅沢なこと思っています。
[ 2006/08/07 21:00 ] [ 編集 ]

はじめまして。
検索エンジンで調べてたら、
こちらにたどり着きました。

勉強になり、とても参考になりました!

また来ます。
[ 2009/06/27 10:33 ] [ 編集 ]

Re: ★岐阜のコテージさん

はじめまして。ご覧頂きましてありがとうございます。

すっかり忘れていた、素晴らしい夏の旅を思い出しました。
あのペンションの、老夫婦は今もお元気かな?
[ 2009/06/29 20:40 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/383-90b4d77e