「由良谷川隧道」 (滋賀県湖南市)

(2014.9.29訪問 同種の内容なので未投稿記事を付け加えています)

大沙川隧道より北西方向にしばらく歩いたところにありました。

17051302.jpg
明治19年竣工
トンネルの上は由良谷川。
今でも重厚で剛健です。

17051303.jpg



旧東海道。
このトンネルの下を多くの旅人が通過したかと思うと胸が高鳴ります。



17051304.jpg

17051305.jpg
関連記事
[ 2017/05/13 17:00 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(2)

由良谷川トンネル、車では片方通行ですよね。車で通るときは、すごいトンネルだと思っていました、明治19年ですか。トンネルないときは東海道は川を渡ってたんでしょうね。草津川のトンネルも同じころかな。中山道に行くときは草津川を渡っていたそうで、渡るときはお金がいったそうです、でも由良谷川ではお金はいらなかったでしょうね。
[ 2017/05/15 01:00 ] [ 編集 ]

★そば打ちおじさん

正直 研究会(学習会という名称から 研究会に変わりました)でお話しを聞くまでは、草津線の事 何も知りませんでした。
大津に住んでいると、わざわざ草津線に乗るなんて事ありません。高校生の時に草津線で来ている人がいましたが、本人たち自らが「草津線組」と笑っていました。。

でも 本当はとても歴史ある路線です。
注目を浴びていないのが不思議。せめて鉄道ファンにはその偉大さをわかってもらいたいです。

由良谷川は川幅はどれくらいだったのでしょう? そんなに広くないのなら。無料で渡れたかもしれませんね。
[ 2017/05/15 20:19 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/3831-577990d9