JR東海 飯田線 「千代(ちしろ)駅」  (長野県飯田市)


先ほど、お見送りを受けた天竜峡駅は、1927年に飯田線の前身伊那電気鉄道の起点駅として開業、現在も天竜峡駅止まりの列車の設定が多く、周辺も観光地として賑わいを見せる大きな駅。
その天竜峡駅からわずか2キロほど 走ると 秘境駅と言われる「千代駅」に到着します。

 秘境駅巡りを目的とした多くの乗客と一緒に下車する最初の駅。
人に圧倒されるわ、停車時間わずか2分という事にとまどいを感じるわ。。で ろくな写真が撮れていません。


17051901.jpg

17051902.jpg

「美千代」という私の本名に似ていて、姫新線の美作千代駅とともに、下車してみたい駅のひとつでした。






17051903.jpg
駅舎はなく、簡単な待合所がホームにあるのみ。


17051904.jpg

17051905.jpg
それでもホームはやや長め。


17051906.jpg

17051907.jpg

ホームの後ろには山中へと伸びる舗装された道路が続いていました。


列車が停止していたので、ホーム正面の景色を見る事ができませんでしたが、配布された解説書によると千代駅は以下のような周辺の中に存在しています。

17051908.jpg
現役線路から分岐して行き止まりとなっているものは、1966年までは正面を流れる天竜川での砂利の採取をしていた貨物駅として使われていた名残でもあります。ここから専用線が伸びていました。

さらにその前には、畑が広がりさらに天竜川。
線路右手にはトンネル。。。。と 見落としたものが多くありました。

折角 下車したのに、よくよく予習していくべきでしたし、配布された解説書もしっかり見るべきでした。





関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/3833-459ef6a1