JR東海 飯田線 「為栗(してぐり)駅」 (長野県下伊那郡)

朝夕の一部の普通列車は通過、朝に上り1本のみ設定されている快速列車は停車。
昨日の田本駅も同じくですが、普通列車通過というのがまず考えられないのに、快速のみ停車という、ふつうではないダイヤは、いかに飯田線が特殊な路線であるかを物語っています。


駅周辺には、戦前までは天竜川の川岸に為栗の集落が点在していまたが、平岡ダム完成によって水没 周辺に人家は殆どありません。


今回の秘境駅号で停車した6つの駅のうち、こちら為栗駅と小和田駅(後日記事にします)は、天竜川沿にホームがあります。

17052304.jpg





豊橋方向へ線路から、徐々にホームが離れて トンネルが続きます。
17052306.jpg

17052307.jpg

17052308.jpg




飯田駅方向
17052303.jpg



ホームから続く道を歩いて、前方に見えている白い橋 天竜橋に向かいます。
左手に見えているトンネルは飯田線豊橋方向へのものです。

17052301.jpg

17052305.jpg

17052316.jpg







17052315.jpg



17052311.jpg

17052312.jpg
ホーム後に民家が見えていますが、現在は人は住んでおられません。




17052313.jpg

17052314.jpg


 何故このような所に駅が残っているのかではなく、飯田線を残すから、駅が残ったのだと感じます。





17052418.jpg

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/3836-950e7965