JR東海  飯田線「平岡駅」  (長野県下伊那郡)

為栗駅のお隣駅。
秘境駅が続く中 島式ホーム1面2線と側線を持つ地上駅が現れると突然光が見えたように眩しく感じます。

1936年(昭和11年) 三信鉄道の終着駅「満島駅」として開業。 かつては、長野・新宿方面からの直通列車も運転されていました。

17052416.jpg

17052401.jpg

17052415.jpg

17052414.jpg

17052418_201705151351556f6.jpg

駅舎には、温泉・宿泊施設「ふれあいステーション龍泉閣」が併設。
駅舎としての全体像を周囲から撮影すべきでしたが、他に目がいってしまって 撮れていないことが残念。

17052413.jpg
秘境駅号に合わせて、地元の方の歓迎と、名産品の販売をされていましたが、私の目に留まったのは駅舎内の写真。

わずかな停止時間にじっくり見る事は出来ないと、あわててシャッターだけを推しました。










鳳来寺鉄道と三信鉄道の境界駅でした。現在は新しく簡易駅となっています。
17052402.jpg

17052403.jpg

17052404.jpg


17052405.jpg
満島駅は平岡駅の旧駅名。
町中が喜びの中にいます。


17052406.jpg

17052407.jpg

17052408.jpg

17052409.jpg

17052411.jpg




17052412.jpg




17052817.jpg
平岡駅
(豊橋→飯田への車窓から)

関連記事

飯田線は3つの鉄道が集まったんですね、遠山郷って田舎で有名なところですね、平岡から行くのですか。天竜峡の駅、近江鉄道の鳥居本に似ていませんか。クモハ54型は飯田線で有名になりあmした、先が丸くなった電車が走っていたと思っているのですか。
[ 2017/05/20 02:35 ] [ 編集 ]

★そば打ちおじさん

私鉄が集まった路線なので駅数も多いんですよね。
ローカル色が強いものの、信州から東海地方を結ぶ路線なので重要路線のひとつでしょうか?
そういえば、鳥居本駅に似ていますね。 大きさは天竜峡駅の方がずっと大きいですけどね。
[ 2017/05/21 20:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/3837-e1b9745f