「田上てぬぐい -暮らしと文化- 」大津市歴史博物館 企画展   (滋賀県大津市)

 大津広報の大津市歴史博物館の案内の中に「田上てぬぐい」の文字を見つけた時 ん? 何何? と目が留まりました。

私が住んでいる場所の川向に広がる大きな学区が「田上」
川を挟んでお隣の学区ということでつながりはあるし、叔父の生家のある場所でもあります。
でも「田上てぬぐい」という言葉は一度も耳にした事ありませんでした。
写真を見ているとどうやら、日本てぬぐいのようであるけど。。
いったいどういう事なのでしょ。





17080302.jpg

17080314.jpg

22日からはじまった企画展。
同時に開催された 関連講座 -田上てぬぐいと田上の衣生活-に行ってきました。



17080312.jpg

17080313.jpg


田上の北東部にあたる上田上で、女性が頭にかぶっていた手ぬぐいを、「田上てぬぐい」と呼び、特定の呉服屋さんに個人的に注文していました。
てぬぐいの片方の端に染めが入っていて、その部分が前にくるようにかぶりますが、年代により柄やかぶりかたが違っていました。

意外だったのは、普段のみならず 冠婚葬祭の時の正装であり、そのような時には新しいもの、糊のきいたものを身に着けるようにしていたという事。
葬時に、とりあえずかけつけ てぬぐいをかぶってなかったような時には「てぬぐいもかぶらずに」と断りをいれていたということ。
日本人の感覚として正式の場に被り物と言うのは馴染まないので 特殊な風習なのでしょうか。

農作業時には、モンペの上には自分で織った「三巾前垂れ」というものを身に着けていました。
現在の前掛けのような感じですが、紐の部分が広く、また色がついていたりします。
巻きスカートのように、お洒落的の要素も少しあったようです。


地域独特の衣服の習慣もとても面白かったのですが、お話の中で出てきた、「田上郷土資料館」
昭和40年代頃から、消えゆく文化をなんとか保存していこうと 地域の真光寺に郷土資料館を作り民具の保存などをされてきたという事。 高度経済成長期を迎えた昭和40年代、消えゆくものに目もくれず前を進むことだけを見ていた日本の中で、「残そう」としておられた 上田上地区の方々の精神に感謝の気持ちです。







講演後、企画展へ。
人も多く、時間もあまりないので足早に概要だけ。


「田上てぬぐい」
17080301.jpg

17080303.jpg

17080310.jpg



「三巾前垂れ」
17080305.jpg




家族の生活着は女性たちの手で織られ仕立てられていました。
田上では用途に応じた袖の仕上げ方がありました。
17080304.jpg





お隣の学区でありながら、始めて聞きました。
17080306.jpg

17080307.jpg




叔父の親戚から頂く「菜の花漬」も田上ならではの、珍味。
詳しく説明されています。
17080308.jpg



地域の、習慣、慣習、行事、等々幅広く調査された内容がファイルされています。
それを誰もが手に取り知ることが出来る状態にあるというのもこの地域についてを伝承していくのに、わかりやすくいい事でしょう。
このような基本的な事こそが一番大切なのだと感じます。
17080309.jpg



企画展は始まったばかり。
ゆっくりじっくりと見せて頂きます。

関連記事
[ 2017/07/23 23:03 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(4)

私も今日走っていてこの看板を見つけたのです。
初めて聞いたフレーズで興味がわきました。
近いうちに行ってみたいと思ってます。
[ 2017/07/24 18:03 ] [ 編集 ]

★タケヘイさん

大津市の人でも大半が「田上てぬぐい」って何? と言う人が多いようです。
だから逆に興味を持つ人が多いだろうと思います。

まだ始まったばかりなので是非訪れてみてくださいね。
[ 2017/07/24 20:47 ] [ 編集 ]

興味ありますね。家も使っていたかも、同じ栗太郡だから。瀬田とはバスで縁があるんですね。瀬田の橋本にくるとなんでもそろったから、(今はお店もすくなくなってます)今月中に私、一回いってきます。 はり丸の展示もあるので。
[ 2017/07/24 20:51 ] [ 編集 ]

★そば打ちおじさん

この記事では触れませんでしたが、「てぬぐい」は、今も唐橋東詰にある「いそへい」と言う呉服屋さんと、もう一軒あったお店に個人が注文されていたんだそうです。
橋本=唐橋のある通りは 旧東海道ですからお店もたくさんあったし、西詰には旅館も並んでいたんですね。

昔は石山商店街はなく瀬田橋本の商店街だったんですよね。
[ 2017/07/24 21:12 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/3913-b769d526