ありし日の江若鉄道

 子供の頃、家の前の路地を出たところに「三井寺下」という江若鉄道の駅がありました。列車や大きな建物が見えていました。
 幼稚園に行く途中には踏切番のおじさんが二人居て、列車が通る時には手動で遮断機をおろしていました。
そこを赤い電車を通り抜ける姿が私は好きでした。

 「江若鉄道」
浜大津から今津をつないでいた私鉄です。
近江と若狭をつなぐという夢を持った路線でしたが、JR湖西線の開通で廃線に追い込まれました。

「ありし日の江若鉄道」
0608261.jpg


絶対見逃したくはない企画展でした。

家の前に駅があったのに一度も乗ったことがありませんでした。
浜大津駅と三井寺下駅、そして走っている赤い列車だけが記憶の後ろに残っています。

廃線後も実家の近所はJRに買収されることがなかったので長い間、建物、線路、列車が残っていました。
今の私のように、列車が好き、廃線路線が好きならそりゃあもう最高の景色だったろうに。。あの頃はただ目に映るだけでした。

 中学校までは廃線になった線路の上を歩きました。枕木を飛びました。
 列車がらみのあの頃の記憶をもっと呼び起こしたい気分でいっぱいです。

 
 展示室は撮影禁止でしたが、模型だけは撮影許可でした。
湖西の白髭神社あたりは湖すれすれにこんな風に列車がのんびりと走っ
ていたんですね。
0608262.jpg

0608263.jpg


 8ミリビデオで映した車窓からの風景をゆっくりと見せて頂きました。
 廃線の日のビデオはせつない思いでいっぱいになりました。


関連記事
[ 2006/08/26 18:04 ] ▼廃線・未成線 江若鉄道 | TB(0) | CM(7)

良いですね。湖岸縁を走る赤い列車。素敵です。ロマンチック。
僕は湖西線を利用することはほとんどなく、又、こういう列車が走っていたこともよく知りませんでした。湖を走る赤い列車。千と千尋の神隠しや~。
[ 2006/08/26 19:05 ] [ 編集 ]

こんにゃく鉄道

子供の頃の呼び名です。
[ 2006/08/26 20:10 ] [ 編集 ]

yume さん
お久しぶりです。江若鉄道は、私の記憶ではもう路線バスだけでした。でも、途中の山の中をボンネットバスが走っているのを何度もみかけました。壮大な計画の路線ですよね。実現していても、営業面を考えると、存続できたかどうか、こういう廃線になった私鉄のローカル線は日本各地にありますよね。京都でも愛宕鉄道というのがあったらしいですよ。昭和の一桁に廃線になったらしいです。
[ 2006/08/26 21:06 ] [ 編集 ]

こいんさん sango さん isshyさん

★こいんさん
今もこの江若鉄道が走っていたら 別の意味で脚光を浴びる私鉄ローカル線だったかもしれませんね。
湖西に行く用事そのものがあまりなく、私も「電車に乗る」と言う事を楽しむ意外の形で 湖西線に乗ったことはありません。
高架の線路を走っているので琵琶湖が綺麗に見渡せると思うのですよ。また乗ってみたくなりました。


★sango さん
そうなんですか。。 初めて聞きました。
sango さんはお乗りになったことはあったのでしょうか。
父は自宅前の 三井寺下駅からこの堅田まで通っていました。
よく雨が降ると駅まで迎えに行ったものです。

★isshyさん
ボンネットバス。いいですね。なんともかわいい。

高雄、高山寺、神護寺から、清滝川沿いを嵐山に向かって歩く途中に ちょっとした小屋があってそこにその愛宕鉄道について書かれていました。 え? ここに電車? 
その割にその愛宕鉄道について語られることがあまりなく、あの小屋はなんだったの?幻だったの?と ずっと気になっていましたが、isshyさんの書き込みで もう少し深く調べるきっかけになりました。

[ 2006/08/26 22:34 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2006/08/27 06:17 ] [ 編集 ]

キラキラ輝いて見える

yumeさん、今晩は。まさです。
琵琶湖岸を行く湖西線は大好きな路線です。しかし江若鉄道はそれ以上に魅力的ですね。浜大津から今津ですか。。春に自転車で訪れた今津は古い商家が印象的でした。昔のモノや風情ほどキラキラ輝いて見えるのは、歳を食ったからでしょうか。v-108
[ 2006/08/27 18:44 ] [ 編集 ]

まささん

★まささん
ご無沙汰しています。
江若鉄道が今も走っていたらどんなに素敵だったでしょう?
廃線前に一度でも乗せてくれたらよかったのに。。と親に対しておもってみたり。。

自転車で湖西路いいですね。
ガイドブックなどに紹介されることのない小さな「田舎町」そんなところこそが 本当の魅力の宝庫だと思います。
もう少し北「海津」の琵琶湖岸もなんともいえません。

私も 昔のものにとても惹かれます。
[ 2006/08/27 22:09 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/394-8c66e24f