金谷駅~千頭駅 ‘大井川鐵道の旅’  (静岡県)

 
17091501_20170907213801592.jpg



この日は本線乗車後、井川線を往復して千頭に宿泊の予定。
金谷駅から千頭駅まで途中下車なく進みます。
17090508.jpg


17090601.jpg
走り出してすぐに見えてきた木造の駅は、「新金谷駅」
新金谷駅こそが、大井川鐵道の中心駅。蒸気機関車の始発駅となっていて賑わいを見せています。
何よりも、駅舎の雰囲気がいい、蒸気機関車や懐かしい車両が数多くあります。
翌日も途中下車駅にしていなく、新金谷駅は車内から見ただけで、勿体ないことをしました。



17090602.jpg

17090603.jpg
おやおや、向こうからやってきたのは、京阪の特急電車じゃありませんか。
思い出深い電車が走る姿に感激。
出来れば、京阪電車に乗りたかったなぁ。

17090604.jpg

17090605.jpg

17090606.jpg
新金谷駅を出ると、お茶畑、大井川。。と 静岡の町を走り抜けている事を実感します。

17090607.jpg
ん? どうしてでしょ。狸がたくさん並んでいます。
滋賀県と言えば信楽の狸。 県民としては気になるところです。



17090608.jpg



17090609.jpg






17090610.jpg

17090611.jpg




訪れたのは2013年3月13日。大井川鐵道沿線にも春色が差しこみはじめていました。
17090612.jpg








17090613.jpg

17090614.jpg




17090615.jpg






17090616.jpg

17090617.jpg





17090618.jpg





あ、これは近鉄特急。懐かしい配色、憧れの色です。
17090619.jpg

17090620.jpg



17090621.jpg
お茶処。

17090622.jpg


17090623.jpg

17090624.jpg

千頭駅到着。 井川線に乗り換えます。

関連記事

もう京阪の車両は引退しましたね。
大井川本線はほとんど観光鉄道になっているので、車両も新造せずに、引き続き大手私鉄の中古が使われることになるのでしょうか。
また乗ってみたいものです。
[ 2017/09/09 11:54 ] [ 編集 ]

★karesansui さん

京阪の車両の引退は残念でした。

ご存じかもしれませんが、京津線・石坂線ともに、本線と一緒のカラー塗装へ変わり始めています。
もうすでに 京津線、石坂線に本線カラーが走っていて寂しいです。

大手の特急車両の中古を使うって、よく考えたものですね。

大井川鐵道 本線の駅、とても良かったです。
[ 2017/09/09 22:12 ] [ 編集 ]

京津線もカラーが変わるんですよねぇ。あの水色は残してほしいと思ったんですが・・・。
過去の写真をみたら、本線では結構昔の塗装の電車も撮ってたんですが、石山坂本線はラッピング車ばかりでほとんど旧塗装の写真のストックがありませんでした。。。
[ 2017/09/09 23:46 ] [ 編集 ]

★karesansui さん

浜大津の併用軌道の部分を水色の4両編成の電車が走るのは圧巻ですよね。
琵琶湖が近いことを電車が表現してくれている感じで良かったのですけどね。

どうしてもラッピング電車ばかりに目が行きますし、一時はラッピング電車の方が多かったんです。

京津線、石坂線がすべて本線カラーになってしまった姿を思うと寂しいです。
[ 2017/09/10 21:44 ] [ 編集 ]

京阪の特急は大井川鉄道と富山地方鉄道に導入されていますね。
こちらは狭軌ですから京阪は広軌ですから、台車まで変えてですね。京阪の電車は良かったんですね。
でも本数が少なくなって運休中ですわ。近鉄は吉野行きの特急ですから、狭軌ですから、そのままですね。
南海も広軌ですね。
[ 2017/09/11 01:40 ] [ 編集 ]

★そば打ちおじさん

日本の鉄道に 狭軌、広軌があるのは、ややこしいですね。
最初から国鉄を広軌にしていたら、日本の鉄道ももっと違っていたと思います。
[ 2017/09/12 14:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/3940-cbf3bff1