千頭での一夜  “大井川鐵道”  (静岡県榛原郡)

 
17091501_20170907213801592.jpg



 井川駅から、井川線始点、千頭駅まで。
帰路は周辺案内の放送が入る事もなく、暮れゆく奥大井の風景をのんびりと眺めていました。

17091301.jpg

SL列車の終着駅、アプト線の始発駅ということで、駅前はさぞかく賑わっているのだろうと思っていました。
でもそれは甘かった。
3月の平日、日も暮れています。
駅前に飲食店はいくつかあるものの灯りは消えています。
宿で何か食べるとしてもコンビニもみつかりません。


どうしたものかとやっと見つけたお店。
17091302.jpg


17091305.jpg

ドアをあけたけれど、だーれもいない。
人の気配がありません。
「こんばんは~」「こんばんは~」と何度か声をかけて、やっと人が出てこられました。

メニューは 作れるものをおっしゃって頼んだのかどうか忘れましたが。
17091304.jpg
卵の固い「かつ丼」

お店に入ってから、灯りがワンランクアップ。BGMが流れ始めました。
「準備中」でもなかったし、暖簾もかかっていたけれど、閉店前だったのでしょうか。開店前だったのでしょうか。

でも、食いはぐれすることなくて助かりました。



駅から5分。
17091307.jpg
民宿「茶ところ」さん。
どんな宿だったか、まったく記憶がありません。

どうやら、大井川鐵道観光に来た人は、随所にある温泉にのんびりと宿泊されるのでしょう。


「鉄道旅」 宿、食に重きを置かないので、こんな感じになります。


関連記事

千頭駅はきれいな駅でしたか、周りはにぎやかではないですね、でも民宿よーくみつけましたね。川根茶の産地だから、茶ところですか。でも山の中だから、ごちそうは出なかったと思いますよ、お茶はおいしのが飲めたかな。
[ 2017/09/16 22:40 ] [ 編集 ]

★そば打ちおじさん

暗くなってからと、早朝に千頭駅周辺に居たので、日中は賑やかなのかと思いましたがやはり静かな場所なんですね。

ここの民宿の記憶がまったくないんです。素泊まりでしたし、お茶も飲んでないと思います。
大井川鐵道を訪れる人はやっぱり温泉で泊まるんでしょうね。
[ 2017/09/17 21:44 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/3947-f8c42ab8