FC2ブログ







名古屋鉄道瀬戸線 外濠線跡  (愛知県名古屋市)

 
「11/18のブラタモリで、瀬戸線外濠線跡が紹介されてました。
訪れた直後の放送で大変感動しました♪ 実際にお濠跡を歩いておられるのが羨ましかったです♪」



「名鉄瀬戸線」
1978年(昭和53年) 栄町駅乗入の新線に切り替えられる2年前の1976年(昭和51年)までは 空濠となっていた「外濠」を走っていました。
簡単に言えば、水のないお城の外濠を列車が走っていたのです。
1976年、40年前。 知人にも外濠を走っている姿を記憶している人がたくさんいます、そんな近い時代の話です。


瀬戸線「東大手駅」南口下車。地下駅です。
17112601.jpg


すぐのところに橋があり見下ろせば、廃線跡らしきが。。
こんなに簡単に出会えていいもの? 本当に?と シャッターを切ります。
17112602.jpg

17112603.jpg



17112604.jpg
さらに南へ少し歩いて、カーブ部分。
お堀を使ったからカーブが大変だという事でしたが、ここの事なのでしょう。

実は今回の旅、瀬戸線の廃線跡探訪は予備の計画だったのですが、廃線探訪の最寄駅となる東大手駅で降りてみたら、簡単に手がガリが見つかり、慌てて とりあえず拡大コピーしてきていた地図を手掛かりに歩きました。

17112621.jpg
(JTBキャンブックス発行 徳田耕一編集 名鉄の廃線を歩く より)

赤い線が歩いた所で、お堀部分となります。

17112606.jpg
直角にカーブした後は、名古屋高速都心環状線の高架下にお堀を見下ろすように道路があります。


17112605.jpg
直角カーブを過ぎさらに廃線跡が続きます。

17112608.jpg

17112610.jpg
この階段は「大津町駅」に降りるためのものでした。





17112611.jpg

17112612.jpg
こちらの階段は「本町駅」に降りるためのものだったようです。




17112614.jpg

「本町橋」
珍しいガントレットという方式でこの橋の下を通っていました。
本町橋の支間が狭くて複線分の幅員が確保できなかったので、複線の線路同士を重ねて単線の用地にはめ込む、単複線(ガントレット)と呼ばれる方式が採用されていました。複線でありながら、両線路の片方が互いに跨るのですれ違いはできません。


17112616.jpg

17112617.jpg

17112618.jpg

17112619.jpg

このあたりが終着「堀川駅」とされていて、他サイトの画像では駐車場になっていますが、この日の状態はこんな感じでした。
平日であったために、駐車場としては機能していないのか、今後工事予定があるのかはよくわかりません。


お堀を走っていた路線という事で、全体像を把握する事、廃線跡をたどることは簡単でした。
名古屋城の外濠、名古屋の中心地「栄」近くに位置しているのですが、この道を歩いている人はごくわづか。都会の中の死角のような場所でした。
このような場所に、廃線跡がひっそりとはっきり残っているという事実は、廃線跡ファンにとっては嬉しい限りです。

関連記事

ちょうどブラタモリで見て、興味を持っていたところです。
インターネットで調べると、ガントレットの写真がありますね。乗ってみたかったですけど、さすがに無理がありますね。
こういう線路が名古屋の市街地に1970年代まで残っていたこと自体が奇跡に近いものです。
[ 2017/11/26 22:48 ] [ 編集 ]

ブラタモリでやってましたね。わたしも名古屋にいってたときに見といたらよかったです。市役所の近くを通るんですね。でも瀬戸電の開設じだいに許可さてたんですね。でも今の栄にどうしても開通したかった、名鉄もすごいものですわ。
[ 2017/11/26 22:53 ] [ 編集 ]

★karesansui さん

1970年代と言えば既に私がこの世に存在していた年ですから、まったく手の届かない路線ではなかったという事が悔しいです。
そんな路線がたくさんあります。。 当時はそこまで鉄道に興味がなかったでしょ、と言われればそこまでですが(笑) 私が生きていた時代だと思うと残念です。
お濠を列車が走るなんて風景はこの目で見て見たかったです。

今もその痕跡が残っているというのもまた、「お濠」という特性からでしょうね。。
[ 2017/11/27 21:01 ] [ 編集 ]

★そば打ちおじさん

この目で見たかったですよねぇ~~。
きっと当時はそれほどに注目されてなかったんですね。
[ 2017/11/27 21:04 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/4018-8fce4657