FC2ブログ







名古屋鉄道河和線・知多新線


 結果的にこの日の時間配分を振り返ると、大江駅で下車して駅周辺を見る時間は十分あったのですが、下車せずにこのまま 常滑線・河和線・知多新線で 南知多の終着駅「内海駅」と向かいます。

 知多鉄道は 1931年(昭和6年) 太田川駅~成岩駅を開通 翌1932年(昭和7年)河和駅までを開通させます。
その後1943年(昭和18年)に名古屋鉄道に吸収合併 「名鉄知多線」となり1948年(昭和23年)に「名鉄河和線」に改称されました。


17120701.jpg

17120702.jpg

このタイプの列車に乗車するのははじめてかもしれません。



太田川駅から 昨日乗車した中部国際空港行の常滑線と分岐。

17120703.jpg

17120704.jpg

17120705.jpg
このあたりまで来ると、のどかな車窓を望むことができるようになり、ローカル列車の雰囲気が漂ってきます。



17120706.jpg

17120707.jpg
カブトビールの煉瓦建築を求め、JR武豊線で半田の町を訪れたのはもうかれこれ10年以上前でしょうか?
新見南吉さんの生家もありました。
のどかないい町でした。
JRで訪れた時とは、自分の中での位置関係をまったく違って感じます。

17120708.jpg

17120709.jpg
「ゲ」という カナ文字の駅名が珍しく降りて見たかった駅です。


17120710.jpg




富貴駅~内海駅 知多新線の全通 は1980年(昭和55年)と比較的新しく観光路線としての役割を期待されていましたが、観光ニーズのさらなる変化 によって南知多観光は停滞気味となりました。
現在はローカル路線のような感じになり、私のような者を喜ばせてくれます。

17120711.jpg

17120712.jpg

17120713.jpg




関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/4032-c367ba7a