FC2ブログ







「文化のみち」ぶらり (愛知県名古屋市)

 名古屋市では歴史的な遺産の宝庫ともいえる名古屋城から徳川園に至る地区一帯を「文化のみち」として育んでおられます。

プリントアウトをしたマップ片手に歩きましたが、残念ながら休館日の月曜日。
もっとも、界隈の近代建築は普段も公開されていないものが多く、大々的なイベントは「歩こう!! 文化のみち」とが毎年11月に開催されています。

 18020501.jpg

18020502.jpg

18020503.jpg

文化の道 「二葉館 旧川上貞奴邸 (移築復元)」
日本の女優第一号として名をはせた川上貞奴と電力王と言われた福沢桃介が共に暮らした家です。
休館日で残念ながら内部見学は出来ませんでしたが、それはそれは見事なステンドグラス。螺旋階段を備えています。


「旧春田鉄次郎邸」
道路に面して和風塀が続く奥には洋館と和風建築。
18020506.jpg

ん? ここは高級レストラン?
18020507.jpg

18020505.jpg

18020504.jpg
陶磁器貿易商として成功し、太洋商工株式会社を設立した春田鉄次郎が武田五一に依頼し建てたと言われています。春田邸は、洋館と奥にある和館で構成されており、昭和22年から26年まで米軍第五航空隊司令部により一時接収されました。現在は、洋館部分が創作フランス料理のレストランとして使用されています。
こちらも休館日。
折角ここまで来て勿体ないことです。





「主税町長屋門」
典型的な武家屋敷門(長屋門)です
江戸時代の門が当時の位置のまま修復保存されているということで、江戸時代を思い描くにありがたい存在です。
18020509.jpg

18020512.jpg

18020510.jpg 18020511_s.jpg





「カトリック主税町教会」
礼拝堂:明治37年(1904)/司祭館:昭和5年(1930)建築
名古屋・岐阜地方に初めてカトリックの教えを広めた井上秀斎がテュルパン神父と共に造った教会。名古屋・岐阜地方のカトリック教伝道の歴史の上で非常に重要な意味を持っています。伊勢湾台風後、入口と外陣両側が増築されたため、側廊ができ、三廊式となりました。礼拝堂正面の3連アーチが優美。鐘楼(復元)の鐘は百年前の仏製。

18020514.jpg

18020513.jpg







門がしっかり閉められているのは 「旧豊田佐助邸」
発明王として知られる豊田佐吉の弟である佐助が住んでいた邸宅 大正12年(1923年)建築
右側が白いタイルが印象的な洋館で1階の蓮のつぼみの形の照明や鶴にトヨタの文字をデザインした換気口などが見所です。左側が広い間取りの和館になっています。
18020601.jpg

18020602.jpg




おとぎ話にでも出てくるようなこの建物はなんでしょ。
明治43年(1901年)建設という古いたたずまいを残すお屋敷。特に有名人の邸宅ではないというのがまたすごいこと。
現在は結婚式場の百花籠の建物、200m進んだ左手に料亭香楽。
18020603.jpg




「文化のみち」と称されているだけあって、たくさんの近代建築が並んでいるのがこの地域です。
今回 月曜日ということと、下調べの甘さでしっかりし見る事が出来ずに残念でしたが、次回は、こちらのサイトを参考に歩かせて頂こうと思っています。

→ 名古屋市東区:白壁コース
関連記事
[ 2018/02/10 10:10 ] ---まちあるき--- 愛知県 | TB(0) | CM(2)

毎度毎度長文コメントスミマセン

月曜日だったのは残念でしたね(/ _ ; )
以前、東京から名古屋に遊びに来た友だちには、この文化のみち〜徳川園(徳川美術館)〜筒井町商店街のうどん屋で味噌煮込みうどん、のコースを連れ回しました。

この界隈、私も大好きな所です。
昔から教会の建物になぜか心惹かれるのですが、主税町教会もよく行きました。残念ながら管理の都合上か月に数回しか開いていませんが、以前は神父さまが常駐されていたようで、いつでも入ることができました。
料亭香楽は、引っ越した後ですがこれも偶然先月行きました。お茶の教室での初釜のために使わせていただいたのですが、都心部にあるとは思えないくらい、中庭などが侘びた趣があってステキでした。
双葉館(川上貞奴邸)は今度来られる際は是非中を見ていってください。内装だけでなく、当時はまだ珍しかったとされる電灯やその設備も見られるやうになってます。中の展示も名古屋にいながら知らないだらけで勉強になりました。
[ 2018/02/10 19:36 ] [ 編集 ]

★れおさん

たくさんコメントアドバイスありがとうございます。とても嬉しいです。

地理がよくわかっていれば れおさんのおっしゃるコースも心地よく回れそうです。
でも、実はしっかりと地図を持っていたのに、変な思い込みで同じところをぐるぐると回ったりしていました(笑)
二葉館=旧川上貞奴邸 なのに、 二葉館を一生懸命探しまわっていました。。
どうも方今音痴+イメージするのが下手なようです。

「香楽」って高級感漂っていますねぇ。。 何か特別な時じゃないと行けないような感じなのに れおさん良かったですね。

教会建築は私も好きでどこへ行っても見るのですが、主税町教会は、他とは違ったモダンな感じで好感が持てました。
[ 2018/02/10 20:04 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/4077-af672300