スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「加藤商会ビル」 (愛知県名古屋市)


 今回の名古屋の旅、一日目は近代建築を見る事が目的。 思っていたより移動距離が長く、疲れを感じ始めた頃に出会った「加藤商会ビル」  出会ったことが一番うれしかった建築です。
私が好きなのは、丁度これくらいの大きさで、会社関係のものがいい。

このビルについて多くのサイトを閲覧させて頂きましたが、歴史的背景が一番良くわかるのはこちらでした。
→ 登録文化財 加藤商会ビル



18021011.jpg

 堀川の袂に佇む「加藤商会ビル」
1931年(昭和6年)建築。


18021001.jpg

18021003.jpg

正面がアール(R)角。 煉瓦タイル貼。
縦長窓。
主張しすぎない装飾。
いい色合い、いい形。
何時間も眺めていたくなる。。


18021004.jpg


18021006.jpg

18021008.jpg

18021007.jpg

18021010.jpg

昭和6年頃加藤商会(貿易商)が社屋として建築
昭和10年頃建物にシャム国(現タイ王国)領事館が置かれる
昭和42年加藤商会から中埜産業㈱に売却
平成12年中埜産業㈱から名古屋市に建物寄附
平成13年国の登録有形文化財に登録
(名古屋 歴まちネット より抜粋)


現在一階にはタイレストランが入っています。
次回はランチ時お邪魔させて頂いて内部を是非見せて頂きたいと思っています。


関連記事
[ 2018/02/15 17:00 ] ---まちあるき--- 愛知県 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/4082-e3ce74d6






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。