FC2ブログ







地蔵川

0609121.jpg

醒ヶ井を訪れるのは去年の夏に引き続いて二回目。
今回は車でなく、電車に揺られてやってきました。やっぱりお出かけは電車がいいなぁ。。

 電車を降りてほんの5分も歩くと中山道です。

中山道を流れる地蔵川のバイカモはキンポウゲ科の水生多年草で、清流でしか育ちません。
7~8月ごろに、梅の花に似た白い小花を咲かせることから『梅花藻(バイカモ)』の名が付きました。
夏の最盛期には直径1.5cmほどの愛らしい花が一斉に川面から顔を出します。


 今年は九月中頃まで咲いているとの情報を聞きました。
去年、まるで小さな虫が藻に絡み付いているようにしか見えなかったバイカモですが、今年は綺麗に輝くように咲いていました。

満開の百日紅の花が川に落ちてバイカモの白とのコントラストが綺麗です。
0609124.jpg

でも。。。 やっぱり写真に撮るのは難しいなぁ。
0609125.jpg


0609123.jpg



三箇所から水が湧き出ています。
0609122.jpg


水を思いっきりペットボトルに入れている親子連れ。。
0609126.jpg


お地蔵さんもありました。
0609127.jpg

0609128.jpg

0609129.jpg



残暑がぶり返した暑い日でしたが、地蔵川の水に手をつけるとその凍りそうなくらいの冷たさが心地よく、身体を冷やすことができました。


関連記事
[ 2006/09/11 21:23 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(1) | CM(11)

こんばんは。
醒ヶ井は、子供の頃に行ったきりです。
なんかとても涼しい所だった記憶があります。
そして水が綺麗で・・・
まあ、私の田舎もそんな感じですけど^^;
[ 2006/09/12 00:38 ] [ 編集 ]

やや、西行伝説ですね。
でも残念ながら、西行の時代には茶屋というものは存在せず…茶屋は鎌倉時代最末期に登場しますので。
しかし、茶屋を舞台に不思議なことがおきるという設定自体に意味があります。
中世には茶屋は「境界」の地につくられるために、アナザーワールドへの入り口でもあると考えられていたもので。
これは面白い伝説で、参考になります。
上から5番目の灯篭に「十王」とかいてありますね。それに「地蔵川」ですか。「地蔵堂」もあるのですね。十王信仰、地蔵信仰と、ますますアナザーワールドと結びついてますね、これは。
いちどいって、集落の川や茶屋の位置や宗教施設の位置を確かめたいものです。
[ 2006/09/12 06:19 ] [ 編集 ]

バイカモ、国道沿いの道の駅で食事をした時に写真見ました。一度行きたいと思っていましたが、いまだ行けていません。写真にすると中々難しいだろうと思ってみていましたが。やはり難しいですか。
[ 2006/09/12 09:26 ] [ 編集 ]

yumeさん
醒ヶ井。ここはむかし父に連れられて養殖の鱒をみにいったことがありました。でもそれ以外は知らないです。見た感じ郡上八幡似似た感じがしますね。水を大切にしているところが似ているんでしょう。いってみたいですねー。
[ 2006/09/12 10:09 ] [ 編集 ]

TBさせていただきました。
「泡子塚」って気がつきませんでしたが、どの辺にあったのでしょう。何しろ大急ぎで往復しただけなんで。(汗)
西行にこんな伝説があるのも意外でした。ご落胤伝説と分身伝説の混交したもの?、キョワイ~。やはり自分の化身があちこちに残っているのは消さねばならないのですね。
[ 2006/09/12 12:53 ] [ 編集 ]

★一休さん
冬場には雪が2メートルも積もると言うことでしたが、この日は残暑が厳しく地蔵川の冷たい水で涼を取りました。
秋深くなってくると冷え込みが厳しくなってくるのでしょうね。
一休さんの田舎、こんな風だなんて、羨ましいです。この秋、一休さんの生まれ育たれた場所にも行ってみたいと思っています。

★もちやさま
さすが視点が違いますね。
同じものを見ても「風情あるなぁ」と眺めている私とは違います。
醒ヶ井郵便局局舎の二階には綺麗に保存された古文書や地図が展示されてあります。是非お訪ねください。

★おじいさん
カメラを持った方がたくさんおられました。
三脚や一眼レフを持った方もおられ。。それなりの技術とセンスがあれば素晴らしい写真が撮れるのだろうと思います。
地蔵川沿展示されていた写真もとても綺麗でした。
去年車で行きましたが、駐車場も近くにありますので是非一度ご覧くださいませ。

★isshyさん
醒ヶ井養鱒場ですね。
小さい頃連れて行ってもらった時の写真があります。小学校の時に遠足でも行きました。
お魚がいっぱい泳いでました。
聞くところによるとあの頃より随分綺麗になっているとの事。一度行ってみたいとは思っています。
郡上八幡より規模は小さいのですが、こちらで洗い物をされたりスイカやお茶を冷やしておられていて「川」が生活に密着しているところ、似ているなぁって私も思いました。
郡上八幡よりこじんまりしているところがまたいいです。

★vivasanさん
この「泡子塚」は見落としがちだと思います。
石橋があって角に八百屋さんのあるところあったでしょ。郵便局の少し先。
そのまま川を右手に歩くと地蔵堂等がありますが、それを逆に歩きます。ちょっと寂しいかな?って感じのところ。
水琴窟もありました。
[ 2006/09/12 17:05 ] [ 編集 ]

醒ヶ井の養殖場へは、行ったことがあります。
他の所へは、行ったことがないので、新鮮でした。
素敵なところがあるのですね。
見て、楽しめました。
ありがとうございました。
[ 2006/09/12 18:21 ] [ 編集 ]

どうもはじめまして♪
三宅八幡宮を検索してたどり着きました。
私もローカル線の旅や神社仏閣、庭が好きで
感覚が通じるものがあって読んでてとても
楽しいです。
7月に梅花藻見にいきました。川に桔梗が
つけてあったり、のんびりした集落の雰囲気がいいですよね。
私も西行の泡子塚いきました。
もちや様のアナザーワールドの話とても
興味あります。
なにか関係がありそうですね。。
水琴窟涼しいいい音でした。

[ 2006/09/12 19:49 ] [ 編集 ]

yumeさん
醒ヶ井にいらしたのですね。旧醒ヶ井郵便局、私、行かなかったのです。写真を見ると、やはり行けばよかったかなぁって思いました。
「泡子塚」を左に見て、すこし、行ったところに、地蔵川にかかる小さな橋があるのです。その右手のところで、「梅花藻」の花がたくさん、きれいに水面から顔を出していました。
水面ぎりぎりにカメラを近づけて撮りました。もちろん、腹ばいです(^^;川に落ちないよう、気をつけました。
私が行った時は水量が多くて。地蔵川の上流(?)では、梅花藻の花は、水中花状態でしたから。
又、行ってみたいところですね、醒ヶ井は。

[ 2006/09/12 19:51 ] [ 編集 ]

★siawasekunさん
醒ヶ井養鱒場に行かれたのですね。
長いこと行っていないので今度は是非にと思っています。

★ひーさん
7月は桔梗が飾られていましたか。
この間は黄色い鉢植えの花が川の水面でぐるぐると回っていました。
町の人たちの演出でしょうか。
四季折々に素敵な姿を見せてくれるのでしょうね。

★toshiba-hitachiさん
やっぱり腹ばいにならないとあの水面に花が顔を出した状態は撮れないんでしょうね。勇気いります(汗)
泡子塚を左手に見て少し歩くのでしょうか?
泡子塚を左手に見た奥は民家でお洗濯もほしてあったのでちょっと近づくのを遠慮してしまいました。
そのまま駅に向かわずもう少し歩いたらもっと何か発見があったのかな?・・・

私も また行きたいと思います。
[ 2006/09/12 21:29 ] [ 編集 ]

「八百屋さんの角から反対側に」、わかります。
そちらが旧中山道だって言われてました。今度行かなくっちゃ。
[ 2006/09/13 03:24 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/409-62bd1b85


醒ヶ井の梅花藻

長浜で芙蓉を見た後、醒ヶ井の梅花藻を見に行きました。もう終わっているかと思いましたが、まだよく咲いていました。梅花藻も今年はいつもより咲くのが遅いのかもしれません。{/kaeru_en4/}JR醒ヶ井駅から徒歩5分くらいの旧中仙道沿いの地蔵川です。小さな梅の花の形をし
[2006/09/12 12:45] URL ビバさんのさんぽ道