FC2ブログ







樽見鉄道の旅 「名鉄谷汲線 ほんの少しだけ廃線跡」 【2018】  (岐阜県揖斐郡)


18091801.jpg

18091802.jpg

名鉄谷汲線終着駅 「谷汲駅」

保存車両の運転席から伸びる線路。
ホームの先から伸びる線路。

線路はどこまで続くのでしょう。


18091811.jpg

廃線になっているとは言え、ホームから降りて線路を歩くわけにはいきません。
列車の横の道を歩きます。

18091803.jpg


後ろに見えるは、旧谷組駅。
ここからは、歩いてもよさそうです。
18091804.jpg

18091805.jpg

線路ははがされているけれど、綺麗に線路敷がわかります。
お手入れされているのでしょう。 しばらくはとても歩きやすい。


18091808_201809222048414e1.jpg
ん? 草が少しずつ増えてきます。
草むらになってきてる。
どうしよっか。行ける所までいってみよっか。
でもすぐに引き返します。



18091810.jpg


廃線跡歩きは、草が少なくなってからがいいでしょうか。
それなりの恰好をしていかないといけませんね。

関連記事

18年もたっているのにきれいですね。廃線はしたけど、まだ名鉄のもちものですよね、田舎だから。
京阪の京津線の日ノ岡から蹴上までは、道に変りましたね、府道になって走りやすくなっています。でもあそこを車ではしると、本当にきつい坂です、こんな所を良く電車が走っていたなと感心しています。
でも廃線跡訪ねるときは、スニーカーで行かないとダメですね。
[ 2018/09/25 15:09 ] [ 編集 ]

★そば打ちおじさん

これもまた、有志の方によりこの辺りは、綺麗にされているのでしょう。 手をかけなければ、こんな綺麗に残りませんものね。

京都へ行く時は、いつも京阪電車京津線 九条山あたりの坂、山間部の空気 覚えています。
蹴上の浄水場もすぐ近くに見えていましたし、蹴上の発電所の屋根も見えていました。
道路となってしまって、特に遺構は残っていませんが、今でもあのあたりを通る時は、イメージしています。
[ 2018/09/25 21:24 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/4119-6beeb7db