FC2ブログ







樽見鉄道の旅 「谷汲駅~日当駅」 【2018】  (岐阜県揖斐郡・本巣市)


18092301.jpg

谷汲口駅の隣、「神海駅は」 国鉄時代、樽見までが開業する1989年まで終着駅でした。


谷汲口駅~日当(ひなた)駅まで4駅。
その間に7箇所もの橋梁があり、平日には車両先頭部に立つことも容易なので、なかなか面白いです。


18092302.jpg

18092303.jpg

18092304.jpg

18092305.jpg

18092306.jpg




根尾川を何度も渡り山を抜け、日当駅に到着します。
18092307.jpg
関連記事

樽見鉄道って川をさかのぼっていくのですか。樽見までは盆地をはしっているのだとおもっていました、根尾桜の山の中なんですね。
[ 2018/09/30 15:06 ] [ 編集 ]

★そば打ちおじさん

まさに、根尾川を縫うように走っているという感じで、その景観が魅力です。
「根尾桜」ともいうのですか?。。
私は 一本桜の 淡墨桜 を思っていました。
桜の季節 このあたりは、本当に綺麗だと思います。
[ 2018/09/30 21:28 ] [ 編集 ]

おはようございます
私が学生の頃は神海駅が終着駅でした
この駅には 駅舎に喫茶店があるんです
のんびりしたもんで 以前、立ち寄った時に入ろうとしたのですが
お店の人をどれだけ呼んでも出てきてもらえませんでした
お店は営業中だったのですが。
[ 2018/10/01 07:22 ] [ 編集 ]

★みえはるさん

コメントありがとうございます。

神海液から先は、特に山の中ですので、敷設が大変だっただろうと思います。

この先、食事をする場所がなく困ったのですが、このあと出てくる「鍋原駅」で下車せず、神海駅まで戻ってきても、十分余裕があったので喫茶店に行ってみれば良かったと思っています。
[ 2018/10/01 13:35 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/4124-5a873ad9