FC2ブログ







山陰本線 久手駅界隈ぶらり 「高砂会館(旧久手購買販売利用組合会館)」 【山陰めぐりパス 2日目 2018】 (島根県大田市)

駅から海に向かって歩く途中に見つけた塔屋を持った建物。
唐突に出会えた近代建築に感激です。

昭和9年建築 「久手購買販売利用組合会館 」
聞きなれない組合名ですが、全国各地で発足した産業組合の組織で、戦後に農業協同組合、JAや信用組合へ発展したそうです。

18111204.jpg

18111209.jpg

18111207.jpg



18111201.jpg

18112011.jpg

18111205.jpg

18111206.jpg




18111210.jpg
高く聳える塔屋は、駅のホームからも見えました。






高砂会館がどういう用途で使われているのかはわかりませんが、こちらの建物も 島根県西部地震による影響を受けているようです。
18111202.jpg

18111203.jpg



関連記事
[ 2018/11/24 17:00 ] ---まちあるき--- 島根県 | TB(0) | CM(4)

大田市久手 は昭和29年に久手村から大田町と多くの村と合併したんですね。昔はこんな建物つくるなんて、お金持ちだったんでしょうね。わが草津市は同じ29年に草津町と周りの村を合併したんですが、わが老上はこんな建物なかったんですね。村役場はいまはJAになっています。でも島根県も人口減るばかり。滋賀は増えているんですよね。鳥取と島根は人口減るのが大きいですね。 国が地方創生といっても何もしたいないんですね。
[ 2018/11/28 00:28 ] [ 編集 ]

★そぱ打ちおじさん

草津市は、大きな町になり、大津市より賑やかになりました。
何がそうさせたのでしょ? 住宅がたくさん出来た事? 大学が出来た事?。。 
大津市は南北に長いだけでまとなりないですね。


私は大都会より、静かなところが好きなので、「島根県」っていいなぁって思っています。
[ 2018/11/28 20:50 ] [ 編集 ]

草津は大きくなりました。近くの新しい学校ができたということで、わが町内は人口がずーと増えています。本当に学校は2階建て木造です。 JRの南草津が新快速泊るようになってから、駅前のマンションは空き部屋がすごく高く売れるようになりました。南草津はJRの中で滋賀県で乗降客が1番になったそうです。立命館大学のおかげでうすよね。
[ 2018/11/28 22:23 ] [ 編集 ]

★そば打ちおじさん

南草津駅が出来た頃に、あったのは光泉高校くらいだったかと思います。 駅前にも何もなく、車がゆったりと停まっていました。
それが、ここ25年30年位でしょうか。 目まぐるしく変化しましたね。
知り合いが、駅が出来てすぐ位にマンションを買われたのですが、今はかなり価値が上がってるでしょうね。

大津市とは 大きな違いです。
[ 2018/11/29 22:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/4158-e423e826