FC2ブログ







JR灘駅

0609175.jpg


JR灘駅が姿を消す、との情報を建築好きのブログ友達から頂きました。

JR灘駅は神戸・阪神間有数の歴史を誇る木造駅舎。1937年(昭和12年)に完成したものでした。


この駅で降りるのは今日が始めて。

0609171.jpg

0609179.jpg

0609177.jpg

0609172.jpg

0609178.jpg


神戸と言う大都市にまだこんな風情ある駅が残されていた事を始めて知りました。

この駅の一番の魅力はこのアーチ窓でしょう。
0609173.jpg

0609176.jpg

窓から漏れる光が壁に映っています。これがまた夜とも素敵な影をつくってくれるのでしょうか。

震災にも負けずに残ったこの駅。町の人に勇気を与えた事でしょう。

橋上駅化のために姿を消すこの駅を、私の記憶にしっかり残しておきたい。。と何度も何度もシャッターを押しました。何度も見回しました。


06091710.jpg



参考新聞記事
関連記事

時代の流れとは言え
昔からあったものが姿を消すのは寂しいものがありますね。

たまに京都の昔の写真を見ると
路面電車を走っている姿を見かけます

確か「古都」でも描写されていたような。

無くなって行くのは仕方ないにしても、こんな感じで思い出が受け継がれていくといいですね。

このブログも人の心に刻まれてその一役を担うのでしょう。
[ 2006/09/17 23:50 ] [ 編集 ]

こんばんは。
薄茶色の壁の駅舎がレトロな
雰囲気を出していますね。
線路の上の橋の部分とかが、私の
学生時代の近江八幡駅とよく似た感じです。
今回はここを基点に神戸巡りされたんですね。
楽しみにしてますよ^^;
[ 2006/09/18 01:45 ] [ 編集 ]

★PATAさん
PATAさん 時代の流れだから何かが消えていくのは仕方のない事なのでしょうね。
いつまでもすべてを残したままにしておくことはできませんものね。
でも寂しいです。
近代建築に惹かれながら、残したままには出来ない現実にぶつかり寂しい思いになります。

★一休さん
JRの駅もどんどん変わりますね。エレベーター設置に伴い外観の変わる駅も多いです。
石山駅もこの2.3年で姿を変え、京阪石山の駅は移転、そしていつしか旧駅舎は消えてました。 週に何度も通過しながらどうして写真を撮っていなかったのかと今更後悔しています。
近江八幡の旧駅舎は知らないのですが、きっといい雰囲気だったのでしょうね。

この灘駅、外観を見たくって外に出ましたが、ここからまた「神戸駅」まで電車に乗りました。

余談ですが土日は昼得切符を使うと平日より1000円以上お安く行けるのでこれからの神戸歩きは土日です(笑)
[ 2006/09/18 16:26 ] [ 編集 ]

灘駅無くなるんですか?知りませんでした。
アーチの窓が素敵ですね。
近江八幡の駅 今思い出しているところです。
小学校5年から結婚まで住んでいた八幡も
今は観光化されて・・・ちょっと複雑な気持ちです。
そういえば レトロな駅でしたね。
私も京阪石山の駅 撮ってないんです。
何故残しておかなかったんだろう。
新しくなると すぐに昔 過去を忘れがちです。
[ 2006/09/19 21:43 ] [ 編集 ]

★biwahamaさん
観光地化されすぎてしまうのって複雑な気持ですね。 近江八幡の昔のそのままの佇まいを見たかったと思います。ヴォーリズ建築ももっと自然に町に溶け込んでいたのでしょうね。

 京阪石山駅の撤去工事の様子はいつも見ていたのですが、この間見るとすっかりなくなっていて殺風景になっていました。
一枚でいいから撮っておくべきでした。
 JR石山の駅もね。工事中いつも見ていて、写真撮っておかなきゃと思っているうちに新しくなってしまいました。
[ 2006/09/19 22:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/419-4f45af9d


そーなんだ

JR灘駅が高架工事のために無くなると聞いたので、行ってみました。北側の駅舎が古いものだというので、そちら側へ出ようとホームから歩いていくと・・・。土曜の朝早く、降りる人も数人。その全体のムードも賑やかな三ノ宮駅のお隣の駅とは思えない。とても落ち着いた雰囲
[2006/09/18 06:45] URL 喫茶店で瞑想して、 銭湯で元気になる