FC2ブログ







矢切の渡し (東京都葛飾区)

 
柴又公園から北へ 江戸川河川敷を歩くと「矢切の渡し」があります。


19030805.jpg


いかにも「渡し舟」乗場という感じです。


19030802.jpg
向こう岸までそんなに遠くはないけれど、橋のなかった江戸時代初期には、必要不可欠の移動手段で 利根川水系には15箇所もあったそうですが、現在はここ「矢切の渡し」だけが残っています。


19030804.jpg

19030803.jpg

19030801.jpg
今日は2月19日火曜日。
のんびり舟に揺られ向こう岸に渡ってみたい。向こう岸から柴又の町を見てみたい。





19030806.jpg
傍らに「矢切の渡し」の歌碑がありました。

関連記事
[ 2019/03/06 17:00 ] ---まちあるき--- 東京都 | TB(0) | CM(2)

矢切の渡しですか、やはり観光目的で行く人多いのですね。私が行った時も運転はしていませんでいた。でも広い江戸川があって、下流に電車の鉄橋がありました。行ったときは全然知らなくて、帰ってから、北総鉄道ということを知りました。高砂から印旛日本医大まで走っていたのですね。京浜急行も印旛日本医大まで走っています。でも今では、成田スカイアクセスが走っているのですね。鉄橋を渡る風景はいいでしょうね。
[ 2019/03/07 00:04 ] [ 編集 ]

★そば打ちおじさん

「矢切の渡し」はもう運航していないのだと思っていました。
渡し舟風情があっていいですね。
富山の万葉線に乗った時、乗ろうと思っていた渡し舟はもう運航を終わっていました。

実は、柴又から、柴又街道を歩いて宿泊地の「小岩」まで向かったのですが、途中で勘違いしてしまいました(いつものことです)
その時 北総鉄道の高架を見ました。 せっかくなので、ゆっくり見れば良かったのですが、通りすぎました。

関東は鉄道網が充実していていいですね。
[ 2019/03/12 20:06 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/4210-56acaeac