FC2ブログ







高木屋老舗 (東京都葛飾区)


 帝釈天参道を再び、京成電車柴又駅方面へ、「とらや」を過ぎて少しすると、参道を挟んで両脇に「高木屋老舗」があります。
寅さんの映画では、たびたび映し出せれているお店。ちょっと 寄り道。

19031001.jpg



19031005.jpg

19031007.jpg

店内には、「男はつらいよ」を撮影した時の写真がズラリと並んでいます。

19031110.jpg
後藤久美子さんは、満男君の恋人「泉ちゃん」
ほんわかした、若い二人の淡い恋物語は、私までもが熱くなったものです。
源ちゃんも博さんも若いし、山田洋次監督もお若い。
高木屋老舗のご家族と一緒の写真もたくさんありました。

店内から外を見た景色は、「とらや」から見える風景そのもの。。
19031006.jpg

 そう。。そうなんです。 実は「とらや」のモデルとなったのは 先出の「とらや」ではなく、 此処「高木屋老舗」なのです。
それを知ったのは、こうしてblogを書くために、調べてからです。

このようなものがありました。
→  高木屋老舗
最後まで読むと、読まない方が良かったような気持になってしまうのですが、こういうことはよくある事でしょう。

 気を取り直して。
「とらや」のこじんまりした感じは 「とらや」さんで感じる事ができますし、「とらや」の風景は「高木屋老舗」さんを感じる事が出来ます。  どちらも素敵です。



 さて、「草だんご」はさきほど頂いたので 甘酒。
19031003.jpg
19031004.jpg
あつあつの濃い目の甘酒は、体に浸みわたりとてもおいしく頂くことができました。


「草だんご」はお持ち帰りにして、夜 ホテルで頂きました。
19031008.jpg
19031009.jpg
これがまた最高においしいのです。
草だんごは よもぎの香がしっかりして、柔らかく、あんこも柔らかく甘さ控えめ。。
関西では、こういう形での 草だんごを見かける事はありませんが、これはこれは。。本当においしいものです。
賞味期限が翌日までなのでお土産にしづらいのですが、それがまた魅力のひとつです。




→  高木屋老舗
関連記事
[ 2019/03/09 17:00 ] ---まちあるき--- 東京都 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/4212-d61c288e