FC2ブログ







伊勢電気鉄道 廃線跡めぐりオフ会(研究会) 「岩田川橋梁(津興橋)」  (三重県津市)

【岩田川橋梁(津興橋】

 廃線跡はそのまま道路として利用される事が多く、伊勢電気鉄道でも幹線道路として利用されていて「近鉄道路」と呼ばれています。
 伊勢電鉄最大の遺構と言っても過言ではない「岩田川橋梁(津興橋)」は、鉄道橋をそのまま道路に転用しています。

19032111.jpg


水道橋がかなり邪魔していて見にくいですが、赤茶色のガータ橋が見えます。
19032102.jpg

19032101.jpg
なんとか、水道橋を避けて写真を撮ってみてもこんな感じです。



反対側ならすっきり見えるだろうと思いますが、実は、この珍しい橋は架け替えが決定していて、現在 仮橋建設中。
対岸から伸びてきた仮橋がもう少しでこちらの岸に到達しそうです。
19032105.jpg










岩田川橋梁の歩道へと向かいます。

19032103.jpg

19032104.jpg
ガータ橋のための橋台。伊勢電気鉄道の遺構には、このような綺麗な丸石を使ったものが多く見られます。




さて 歩きます。

19032106.jpg

19032107.jpg

このコンクリート道路の下にはガータ橋がありかつては、レールがあり、列車が走り、ゴゥーという音をたてながら岩田川を渡っていたのです。そして今、私はその脇を歩いています。 リベットをこんなに間近に見る事ができます。
鉄道橋をそのまま道路に転用しようとされた方々のおかげだと感謝。

途中 刻印も確認できました。

19032109_201903222136024bc.jpg



振り返ります。
19032108.jpg

こんな遺構は始めて見ました。
架け替え工事が進めば、この貴重な橋は撤去されてしまうことになるでしょう。
できれば、もう一度 橋の下から、横からもっと丹念に見てみたいものです。

昭和5年伊勢電気鉄道(後の近鉄)の鉄道橋として築造、36年に道路橋に変更、築88年経過




こちらにPDFでの記事があったのでご覧ください。 廃線跡もおおよその形で記されています。
→ 歴史散歩 伊勢電気鉄道の名残 津興橋



関連記事
[ 2019/03/24 17:00 ] 伊勢電気鉄道 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/4219-061645ea