FC2ブログ







 大津百町菓子あるき-百町の銘菓さがし-“大津のお菓子に埋もれさせてもらいました♪” (滋賀県大津市)



19032720.jpg


ボランティアライターをさせて頂いている「まちづくり大津」の方に
 大津百町菓子あるき-百町の銘菓さがし-“大津のお菓子に埋もれさせてもらいました♪”   の記事を掲載して頂きました。

 大津百町菓子あるき-百町の銘菓さがし-“大津のお菓子に埋もれさせてもらいました♪” 

大津市百町にある和菓子屋さんを中心に回りました。

2014年にも、大津まちあるきで、同じようなコースを歩いています。
合わせてご覧ください。
→ 大津和菓子街道めぐり
(この時は、取材スタッフとして同行していたので、結構迫力ある写真が撮れているようです)



コメントはこちらの方へお願いします。

関連記事
[ 2019/03/29 14:55 ] ボランティアライター | TB(0) | CM(2)

むかし大津にいたころは、叶匠々庵が長等にありました、でも高くて買えなかったんです。京町の鶴里堂か丸屋町の光風堂でした。でも一番買っていたのは。そうyumeさんが特別にかかれた、親玉のおまんじゅう。親玉の近くに日野餅と北国町に饅頭やさんがあって、いろいろ買っていました。家族はだーれもお酒をのまないので、お饅頭でした。 いま草津の立木神社のよこに、昔からのお饅頭やさんがあります。そこには、お盆のときに、しんこを買いに行きます。いつまでそこのお店つづくのかな、親玉饅頭もいつまでつづくのかな。
[ 2019/03/30 21:01 ] [ 編集 ]

★そば打ちおじさん

 叶匠壽庵は確か私が子供の頃に出来て、小さなお店でしたが、高級和菓子で父と、おつかいものを一度だけ買いに行きました。
まさか、あのお店が、今のように全国区になるとは思いもしていませんでした。
 親がよく使っていたのは、北国海道から長等神社へ向かう角にあった「三上さん」 走り餅のお店でしたよね?
大きなお店でした。 年に4回、父の実家の一族と一緒に小関のお墓へ行く時、いつもそこでお饅頭を10個買ってました。
お墓にお供えして、その後お墓の高台で、みんなでお饅頭を食べるのが楽しみでした。
あの頃は、お供えしたままでも、烏には荒らされませんでした。

日野餅は今の市立図書館の斜め前あたりですよね? まだ当時の姿のままの建物で鐘楼のようなものがありますね。
長等商店街から、ちょっと北へ入ったところにも、お饅頭屋さんありました。娘の同級生の実家でしたが、知り合った時すでに廃業されていたように思います。
あと、膳所本町駅の近くのお饅頭屋さんは好きで、鉄道歴史研究会の帰りについつい買ってしまいます(笑)
草津のお店は知りませんでした。今度行ってみます。
[ 2019/03/30 21:51 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/4227-31d1756a