FC2ブログ







JR東日本 中央本線 「旧万世橋駅 <マーチエキュート神田万世橋> 」 (東京都千代田区)


 かつて、中央線の神田~御茶ノ水間に、明治45(1912)年に開業した「万世橋駅」がありました。
 駅舎は東京駅と同様に辰野金吾の設計による赤煉瓦造りで 一等・二等待合室、食堂、バー、会議室等を備え、貨物用のエレベーターも整備されていました。東京市電が走り、多くの人で賑わい大正時代半ば最盛期を迎えていました。
 
 中央本線のターミナルとしてだけでなく、ここから両国駅方面への総武線の敷設計画をも見据えたものでしたが、大正8年(1949年)東京駅が完成。中央本線の起終点としての役目は7年で終える事となりました。

 さらに大正12年(1923年)関東大震災により駅舎喪失後、簡素な駅舎に建替えられ、さらに新駅・新路線が出来、市電が走らなくなった事などで、旅客は激減。 簡素な駅舎も解体、博物館に併設された小屋となり、昭和18年(1943年)駅は、休止となり、博物館部分をのぞいて取り壊されてしまいました。

 駅舎の一部は交通博物館に転用されていましたが、、平成18年(2006年)5月14日に閉鎖され、平成20年2(2010年)(平成22年)全て取り壊されました。




駅舎は解体されましたが、赤レンガの万世橋高架橋の中に、ホームや階段など、駅の施設が一部残っていました。

平成25年(2013年)残された旧万世橋駅の遺構を利用して、「マーチエキュート神田万世橋」がオープンしました。




19040501.jpg

19040502.jpg



 

JR東日本グループ営業の商業施設「マーチエキュート神田万世橋」
遺構を生かした商業施設となっています。


19040505.jpg

19040506.jpg

19040503.jpg

19040504.jpg


関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/4236-a54d1ccf