FC2ブログ







「東京駅丸の内駅舎」① (東京都千代田区)

 鉄道好き 〇〇鉄 ◇◇鉄 等と分類してしまう傾向がありますが、私の知る限りたいていの鉄道ファンは総合的に鉄道関連の物には興味があります。ただ、特に何に惹かれるかと問われれば三者三様でょう。
私の場合は 特に「駅」 それも構造的なものでなく情緒的なものに目がいきます。

 今まで多くの駅を訪れてきましたが、日本の大ターミナル駅「東京駅」がまだでした。
東京駅からは乗り換えなしで実に33都道府県と結ばれていて、プラットホームの数日本で1番多い駅です。

 鉄道旅をするようてになって東京駅で乗り換えた事は何度もあるのですが、途中下車をする機会がありませんでした。

オフコースの小田和正さんのファンで足しげく関東にかょっていた時、丸の内駅舎側を歩いた事は何度もありましたが、当時はフェンスがあちこちにあり工事中だった記憶があります。
1980年代後半から1990年代前半。丸の内駅舎の復元工事はまだ始まっていませんでしたから、駅前整備の時期ぢったでしょうか?


 さて、東京23区旅の三日目。朝早く東京駅に降り立ち、丸の内駅舎を見る事にしました。(帰途につく直前にも歩きましたのでその時の写真も含めています。)


19041220.jpg
それにしても、とにかく大きいのです。
全長335メート。
東京駅と皇居とを真っすぐ結ぶ行幸通り。 ずっとずっと、引いてこんな感じの写真です。


19041203.jpg



19041202.jpg
駅前風景。
人の往来は多いものの、圧迫感がないのでゆったりとしています。








東京駅丸の内駅舎正面。

19041223.jpg

19041224.jpg




南口のドーム部粉から続く部分は、東京ステーションホテル。
一度でいいから、泊まってみたいと言うのは、夢のまた夢。
19041215.jpg

19041214.jpg

19041218.jpg




北口ドーム部分
19041221.jpg
シンメトリーかと思っていたら、北口は此処まででした。


19041206.jpg




19041207.jpg







19041208.jpg

19041209.jpg

駅舎内部でドームを見上げます。
方位を表しているという干支。目が悪いからでしょうか、肉眼では確認できませんでした。望遠で撮ればよくわかるのでしょう。
ドームの高さは33メートル。見上げてしまいます。



東京駅丸の内駅舎は大正3年(1914年)開業。昭和20年(1945年))、戦災により南北のドームと屋根・内装を焼失。
2012年 東京駅丸の内駅舎保存・復原工事が完了しました。

まだ展示状態ではありませんでしたが、片隅に置かれていたこちらをじっくり見せて頂きました。
19041213.jpg

19041212.jpg


関連記事

本当に立派な東京駅ですね、丸の内側はバスも来ないし、駅前は本当にきれいですね。前の丸ビルも改装されて綺麗になっているし。世界に誇れる駅ですね、でも乗降客は新宿に抜かれているそうです、でも新宿は駅がややこしいです。また東京によって駅をみますわ。
[ 2019/04/28 01:43 ] [ 編集 ]

★そば打ちおじさん

「新宿」は降りた事ありません。
今回、渋谷駅で降りて街の様子を感じる事が出来ました。
各駅で下車して散策もいいけど、下車して駅前見るだけでも町の様子が感じとれていいかもしれませんね。
[ 2019/05/06 22:13 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/4243-7904c432