FC2ブログ







京成電鉄 「柴又駅」 (東京都葛飾区)

 2月に、「男はつらいよ」の寅さんの舞台 柴又界隈を楽しみました。
映画に出てくる風景そのままで、それだけで十分感動した旅でしたが、今度は「寅さん記念館」へ と思っていたのが、意外に早く実現。思いがけない連休を利用して車中泊のみでの往復。 
 
 前回「改装中」と知りながらも柴又へ行ったのは、私の物の見方では、柴又の町と、寅さん記念館と、帝釈天をすべて見るのは一度では無理だと自覚していたからです。何度も訪れたくなる事もわかっていました。
そう、寅さん記念館を5月に見たのに、今また行きたくなっていますから。

 というわけで5月の記事です。

 夜行バスで東京駅着。JRで日暮里。京成電鉄で日暮里駅から高砂駅。高砂駅から金町線に乗換。
3か月前に訪れているので、スムーズにこなせるのは快感。




19070701.jpg

19070702.jpg

赤い提灯が心弾ませてくれます。
もしかして?   と思ったとおり 「水元公園の菖蒲祭」
寅さんの映画の中で、とらやのみんなが「水元公園の菖蒲を見に行くのよ」とお弁当を準備してわくわくしている場面がありました。
ここでもまた、映画が現実と重なり、心高まりました。


19070714.jpg

柴又駅では、この駅名表が一番古いのではないかと思います。


高砂方面行ホーム。
19070713.jpg

19070712.jpg

19070703.jpg

19070706.jpg

ホーム幅は広く、かなり長い。
このホームから、寅さんはまた旅立つ。さくらとの別れ、マドンナとの別れ。 いつも切ないホーム。感動のホームです。




金町方面行ホーム。
寅さんはここに到着し、とらやへと歩くのですが、ホームでの場面は見た事がありません。
19070707.jpg

19070710_2019071322475134e.jpg

19070709.jpg


有人改札口は見ているだけでも、心が和みます。
初詣や花火大会の時に利用されるそうです。
19070708.jpg

構内踏切で向かい側ホーム・改札口へと移動。
頭上の看板は鰻屋さんのもの。
映画では、寅さんの体調が悪い時(恋の病)の、おばちゃんが鰻の出前を取ってくれるのです。
19070711.jpg




19070704.jpg
「男はつらいよ」をあやかった医院まであるとは、町全体が寅さん一色である事を感じさせてくれます。





関連記事
[ 2019/07/13 23:01 ] 京成電鉄 | TB(0) | CM(2)

2月に柴又に行かれた時に、寅さんの銅像とさくらさんの銅像がありましたね。いつ、さくらさん
の銅像がありました。いつできたんかなと考えていましたが、NHKのBSで10kmを走る番組があって、やっとわかりました、昨年に出来たんですね。その番組で草団子を食べていました。
[ 2019/07/14 20:17 ] [ 編集 ]

★そば打ちおじさん

柴又駅前には、やっぱり 寅さんと、さくらさんの姿がないと絵になりません。 哀愁を感じさせてくれます。
関西では、お団子というものがあまり一般的ではないし、草団子も馴染みがありませんが あっさりとおいしいです♪
[ 2019/07/15 20:14 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/4297-afdc1dee