FC2ブログ







初秋の廃寺

0609279.jpg


 かつて祖母が一ヶ月に一度お参りに行っていたお寺さんも、今は代が変わり近くに大きなお寺を建立されました。

 今は廃寺ですが、いい風景を作ってくれています。

0609277.jpg


ここもまた自転車通勤の私の目を楽しませてくれています。


0609276.jpg

関連記事
[ 2006/09/27 22:56 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(5)

草花は、たくましく根付きますね。
廃寺にこの姿。たしかにいい風景です。
[ 2006/09/28 00:50 ] [ 編集 ]

ほんとにいい雰囲気です。
タマスダレが、石段の間から・・・自生してるんですね!!
この廃寺の様子は物悲しく、でもよい風情ですが、私には近くに大きなお寺を建立して移られたことがうらやましい・・・苦笑。
[ 2006/09/28 01:17 ] [ 編集 ]

うんうん♪ほんとに素敵な風景!私好みだわ~♪
タマスダレ(玉簾)ヒガンバナ科の球根植物。痩せた土地でも岩場でもチカラ強く毎年たわわに咲いている様子はいじらしいですね。
うちの主人の実家も田舎の寺ですが手入れが行き届きすぎて寺の風情がないんです。
古くて寂れたほうがお寺らしいです。
[ 2006/09/28 02:53 ] [ 編集 ]

いいなぁ、すばらしいなぁの一言。
でも現実は寂しい話なのですね。
[ 2006/09/28 09:12 ] [ 編集 ]

★8d50さん
ひっそりと門を閉じてしまったお寺の石段に咲くタマスダレ。。
力強い「生」を感じます。

★よりりんさん
新しく建立されたお寺は鉄筋の大きなお寺でした。ガラン。。とした殺風景な感じさえしました。
お寺はやっぱり昔からのあれやこれやを背負っている方がいいと思いますよ。

★coketyさん
ご主人のご実家がお寺さんなんですか。お盆とお彼岸が過ぎ、やっとひといきつかれたこれでしょうか。
手入れされて綺麗なお寺には、美しい心を感じます。

★sangoさん
こういう風景が好きです。
寂しいお寺なのに暖かさを感じるのはこの珠タマスダレの「生」の力 でしょうね。
[ 2006/09/28 17:19 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/436-bff9a9de