FC2ブログ







一戸時計店 (青森県弘前市)


20010504.jpg

赤い三角屋根の時計台。
明治30年に三原堂弘前支店のものとして、陸軍の御用商人だった人物により創設されたもの。
明治の時代の弘前の町にとっては、どれほどに珍しく、人々の目をひきつけたことでしょう。
大正9年 一戸時計店が譲り受けました。

20010503.jpg
おとぎ話にでもでき来そうなメルヘンチックな姿です。



20010501.jpg


20010505.jpg
あまり覗き込むのも悪いかと、素通りしながら横目で見ていた時には、「今日はおやすみみたい」という認識でした。
そして、今、記事を書くために検索していると、後継者がいないために、2018年10月に閉店されていたという事を知りました。

店頭に貼られていたポスターなどがなんだったのか、拡大して見ると 4月に開館する弘前れんが美術館の案内。
新聞記事も見あたるのですが、判読不能。
しっかりと見てくるべきだったと後悔。

過去記事を検索すると、店内には多くの古い時計が並んでいて、創設当時からの時計もあります。
外観のみならず、店内にもレトロな雰囲気が漂っていた時代に訪れたかったと思うのです。

店主のいない一戸時計店さんは、今後どのようになるのでしょうか?
遠く 滋賀の地から思いを馳せ続けましょう。



20010502.jpg




関連記事
[ 2020/01/24 17:00 ] ---まちあるき--- 青森県 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/4366-b826aff8