FC2ブログ







雨の二月堂

東大寺大仏殿を出て、東の方向の緩やかな石段を登ると鐘楼が見えてきます。
静かな静かな空気が流れています。

0610248.jpg


さらに石段。。その向こうに見えるのが二月堂です。

0610241.jpg


綺麗。。静か。。。
降り始めた雨の音が。。聞こえます。


0610242.jpg

「二月堂」

毎年3月に「お水取り」が営まれることで知られ「お水取り」は旧暦2月に行われたことから、二月堂の名がつきました。

「二月」厳冬の二月が好き。「二月堂」。。いい名前です。

そしてなんとも言えず綺麗なお寺でした。

0610243.jpg

0610244.jpg

0610246.jpg

0610247.jpg


雨に濡れた二月堂はあまりに素敵でした。

夕暮れの二月堂を見たいと思いました。



0610245.jpg

関連記事
[ 2006/10/24 21:30 ] ---まちあるき--- 奈良県 | TB(0) | CM(6)

あ、そのわきに茶屋があって、昔は某女子大生がアルバイトしてましたわん。
院生だったころ、夕暮れの二月堂に行ってたそがれてみましたら、帰り道がとっても怖かったですよお。暗闇の中に鹿さんの目だけがきらりんきらりん光ってるもんで。
(大学の構内もそうでした。帰りが遅くなると、植え込みの中で鹿の目が光ってるもので。男性の数より鹿の数のほうが多いっていわれてました(汗)
あ、お水取りも数回いったことがあります。毎度すっかりいぶされて帰ってきました。鞍馬の火祭りとお水取りは、くれぐれもいぶされてもいいようなお洋服で参りませうでございます。はい。(笑)
[ 2006/10/24 22:01 ] [ 編集 ]

★もちやさま
わきの茶屋?
私は鐘楼の近くのお店でお善哉を頂きました。(お昼ごはん変わりでした。)

あのあたり静かでいいですが、確かに一人で黄昏れた後は恐いものがあるかもしれません。鹿も人も。。
この日、奈良公園の奥を一人歩いて奈良ホテルに向かったのですが、池畔。。鹿が二匹。こっちを見て近づいてきました。周りにはだれもいらっしゃらず一人。。 う。。もしも蹴られても。。一人だわ、。。と少し恐かったですもの。

「お水取り」ね 行きたいと思ってます。

こうしてどんどん、どんどん。。行きたい所ばかり増えていきます。。
[ 2006/10/24 22:46 ] [ 編集 ]

奈良いいですね~。
正倉院展も行きたいし。
毎年そう思っているのに毎年行けてません。
[ 2006/10/25 01:12 ] [ 編集 ]

こんにちわ~
雨の二月堂ですか、本当に情景が伝わってきますね。
奈良も京都と同じで、見たいところが沢山ありますから、
行くと欲が出て大変。終わりなき奈良の古寺。。。
[ 2006/10/25 08:48 ] [ 編集 ]

こんにちは
三年前上海帰りの(リルではないですが)その足で滋賀県庁や武徳殿を見学してから、お水取りに行きました。(メチャクチャや)
一番前にいたので、火の粉で焦げ、終わってからは世話役のオジサンに杉の燃えさしをたくさんもらってご機嫌さんでした。
その翌日には天理にも見学に行きました。

去年のお水取りにはちょっとした怪異現象もあり、どきどきしましたが、二月堂の辺りはまさに蒼古というべき趣があり、とても好きです。
歌舞伎の『良弁杉』や『韃靼』はこの二月堂が舞台です。

奈良市内では奈良女子大、奈良ホテル、幼稚園、銀行、少年刑務所などを見学しましたが、菊水も素敵でした。
[ 2006/10/25 13:26 ] [ 編集 ]

★piitaさん
正倉院展の前日で奈良国立博物館の周りは準備の車でいっぱい。報道関係者への公開なんかもあったようでした。
奈良には殆ど行ったことなかったのですが、落ち着いたいいところだなぁって再認識しました。

★おじいさん
どの町にも魅力がいっぱいなので足を踏み入れるとますます欲が出てきます。
雨が綺麗な風景を作ってくれました。

★遊行七恵さん
滋賀県庁は内部見学案内もあるそうで一度行きたいと思っています。

嘉田知事さんを指示されていて議会の傍聴によく行ってらっしゃる知り合いが夕暮れ時のステンドグラスの素晴らしさを話してくれました。。 私は議会の内容そのものよりステンドグラスが気になっています。
武徳殿は友達が弓道をやっていて、着いていったことがありました。あの時はまだ近代建築に目覚めてなかったことが惜しいです。

来年のお水取り。。絶対に行きたいと思います。

少年刑務所は少し遠いですよね。。
菊水ですか。。チェックできていませんでした。ありがとうございます。

[ 2006/10/25 21:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/468-b6e32224