fc2ブログ







近畿日本鉄道 伊勢中川デルタ地帯 (三重県松阪市)

京都駅からの、近鉄車両、特急以外はロングシート。
車窓を撮るためには、ドア付近に立ち続けるといいのでしょうが、仕事を終えてからそこまでの元気はなく、向かいの窓を流れゆく景色を楽しんでいましたが、ここはどうしても、しっかり見たい場所。

「伊勢中川デルタ地帯」
2022031916.jpg

近鉄大阪線と、近鉄名古屋線を、画像上部で弓形でつないでいる部分が短絡線。
短絡線は、伊勢中川駅での乗換をなくすための単線の短絡線で、特急のみが通過します。
特急以外で名古屋方面へ向かう時は伊勢中川駅で必ず乗換をする必要があります。
このデルタ地帯が面白い。。

GPSで走行位置を確認しながら、そろそろだなぁ。。ドア付近に移動。


2022031902.jpg

ん? これが短絡線かな。 左の線路が離れていくかなぁ?


一瞬の事で、どちらが短絡線で、どちらが名古屋線なのかわからないまま、シヤッターを切ります。

こちらおそらく短絡線。
2022031903.jpg

2022031904.jpg




そしてこの先は 線路が近づてい来るので名古屋線の線路です。
2022031905.jpg

2022031906.jpg

2022031907.jpg

2022031908.jpg





伊勢中川駅のホームはレトロな雰囲気が漂っていますが、コンコースはなかなかお洒落です。
2022031910.jpg

2022031911.jpg

2022031912.jpg

→ 伊勢中川駅




大阪線を左に見ながら、名古屋へと向かいます。
2022031913.jpg

2022031914.jpg







デルタ地帯にある看板。
低速で走るので車窓からもはっきり見る事ができます。
「一升びん」というお店が松坂牛で有名なお店であることは、この看板で知りました。
2022031922.jpg

そしてそこに鉄道系YouTuberのスーツさん。
伊賀鉄道ではヘッドマークになっていた事もあったようです。
2022031915.jpg




このデルタ地帯には、伊勢中川駅から15分位歩けば、行けるとの事。
列車から眺めるのもいいけど、デルタ地帯から列車を眺めるのは、もっと面白いだろうと思います。
暖かくなってきたので、鉄道好きの仲間とピクニックなんてのもいいかもしれません。

(2022.2.14訪問)
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/4766-a21b5ad9