FC2ブログ







奈良国立博物館

0610111.jpg


奈良国立博物館本館
1895年(明治28年)建築
片山東熊・宗兵蔵設計

ゆったりとした緑の中にあります。


0611012.jpg


ゴージャス、ギリシャ神話にでも出てきそうな建物です。
細部に渡る装飾が気持いい。


0611013.jpg

0611014.jpg



友達に「正倉院展」の切符を頂いたので行って来ました。
この本館部分は常設展示がされていて、様々な仏像に心静まりました。

同時に私が目を凝らしたのは「博物館」そのもの。
柱、壁、窓、天井。
当然、撮影禁止の博物館内ですが、「建物は撮ってもいいでしょ。。」と心の中でつぶやいていました。
関連記事
[ 2006/11/01 21:58 ] ---まちあるき--- 奈良県 | TB(0) | CM(3)

確かにいわれてみればそうですよね。
建物自体に価値がある。
でも最近は若くないので、新館の特別展を見るだけで、へとへとになります。(汗)
内部を「建物だけでもOK」とすると、紛れて展示物を撮る人が出てくるものなので。フラッシュなんぞたかれたあかつきには、たまったものではございません。業界人の端くれとして、何卒ご理解を賜りたく存じ上げます。
m(__)m
[ 2006/11/01 22:50 ] [ 編集 ]

「奈良ひとり歩き」。
京都は? 京都はどうしたの!?(笑)
それはさておき、建物そのものに注目されるのがyumeさんらしいですね。
ほんとに凝った造り。昔の人達の余裕、心意気といったものが感じられます。
緑の中に立つ、という状景もいいですね。
[ 2006/11/01 23:22 ] [ 編集 ]

★もちやさま
いろんな人いますからね。
なんとかして展示物を撮ろうと考えている人もいますものね。
常設展がなければ、たまに空きの時に「建物公開」なんてのも出来るかもしれませんが、本館は常設ですからねぇ。

★えすさん
そう。。京都はどうなってるんでしょ?
奈良色ブログになってしまってます。
でも今日久しぶりに京都を歩いたら懐かしい気分になり、また歩きたくなりましたよ。
どこに行こうかなぁ?

博物館というのは建物そのものに価値ある場合が多いですね。それてせこそ 博物館の威厳があるってものなのかもしれません。
[ 2006/11/02 22:51 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/478-dd1dfd7b