FC2ブログ







「旧室谷藤七邸」

 昨年末、須磨のヴォーリズ建築の邸宅が解体されるという新聞記事を見つけました。
 塀で囲まれていてその具体的な状況はわからないとの情報に、人の目に触れないまま解体されるのか。。と思っていましたら 先日夕方のニュースでその様子の特集が組まれていました。

 歩道橋から建物を見ている人がおられる様子を見て、その建物を目にすることが出来ることを知りました。

 そして追い討ちをかけるように、「水曜日位から解体が始まる」との情報。。

 行かなくっちゃ。すぐに行ってこの目で見ておかなくっちゃ。

0701181.jpg


あ。。あれだ。。
市バス「須磨離宮公園前」で降りると、大邸宅がすぐに目に入りました。そして重機の音も聞こえてきました。。。。

0701183.jpg

今まで見てきた、ヴォーリズ設計の個人宅の何倍もある豪邸でした。
こんな住宅も建てたんだなぁ。。。

東側に回ってみました。
0701185.jpg

0701186.jpg

07011810.jpg



北側は道路を隔てないとよく見えません。
0701187.jpg

07011812.jpg


どの角度から見ても綺麗です。ヴォーリズ設計の個人宅の集大成とも言えます。

材木商・室谷藤七の自邸として建設。壁面に邸材の木を露出させるハーフテンバーが印象的なチューダー・ゴシック様式の大邸宅。京都の大丸ヴィラと並んでこの様式の代表作。震災後。外部に施された大規模な鉄骨補強にもかかわらず、落ち着いた風情が健在なのは、大切に住まわれ続けているためであろう。かつてのお屋敷町・須磨をしのばせる現役建物としては唯一。
1999年初版 TOTO出版発行の「建築MAP大阪/神戸」にはこのように紹介されているのに、なんともやりきれない思いです。


関連記事
[ 2007/01/18 16:23 ] ---まちあるき--- 兵庫県 | TB(3) | CM(11)

この界隈にはお屋敷が多く、色々見て回りました。
奥の方にある旧西尾邸は今ではブライダル関係に様変わりしてますが、あれはまだ存続するので安心ですが。
しかしこちらもとうとう解体ですか・・・
すばらしい建物でしたが、とても残念です。
yumeさんがこうして残してくださるだけでも慰めです。・・・しょぼん。
[ 2007/01/18 16:31 ] [ 編集 ]

★遊行さん

★遊行さん
こちら、内部公開もされないままの解体。。寂しいですね。せめて期間を決めて公開して欲しかった。。
作りつけの家具があるんだろうか、踏み込みの深い階段なんだろうなぁ、クリスタルのドアノブなんだろうなぁ。。
そんなこと思いながらしばし、眺めていました。

旧西尾邸は、足場が組まれていて改装中のようでした。
遠目に建物はわかったのですが、どの道を歩けば、建物に近づけるのかわからず、、坂道を登ったりおりたり。。疲れてしまい近づけずじまいでした。

建築マップではテニススクールだと言うことだったのですが、ブライダル関係ですか。。 オープン予定と看板のあがっていた「迎賓館」でしょうか?
[ 2007/01/18 20:50 ] [ 編集 ]

ああもったいない。けれどどうにもならない・・・世のお金持ちの方。設けることばかり考えずにこういうのを残す趣味を持ってよ。と弱いお願い。古い建築物を残すのって大変なんでしょうね。けど建てるのはもっと大変なんだけれど・・・
[ 2007/01/18 21:39 ] [ 編集 ]

嗚呼・・・

こんばんは。

やっぱり重機の音が聞こえていましたか。
こうなるともうストップはかからないみたいですね。

解体話を聞いたことから今年の歩き初め・初探訪は須磨の旧室谷邸からスタートしたのですが、これほど美しく素晴らしいお宅が解体とは遊行さんと同じく残念無念です。
移築のための保存もどうも期待薄なような気がしますし。

ニュースで特集が組まれていたことは知りませんでした。
保存運動などがもうちょっと早く始まっていればと思いますが、業者の思惑通りにことは進んでしまった感があります。

そうそう、須磨や塩屋は結構見応え&歩き応えがありますね。
私もあちこちの急坂を何度もアップダウンしました。

※TBも送らせて頂きました。
[ 2007/01/18 21:59 ] [ 編集 ]

>オープン予定と看板のあがっていた「迎賓館」でしょうか?
そうです。実は今月までに改装がすんでいたら見学しに行く予定でしたが、改装がまだかかっているので先延ばしになりました。
以前テニススクールのオフィスだった頃に見学しましたが、凄まじい壊れ方でした。
しかしそれでもこうして復活・再生してくれるのですから、まだマシです。こうして壊されるよりずっと。

塩屋の旧グッゲンハイム邸も竹内油業さんがとうとう手放されましたし・・・登録文化財でもどうなることか・・・
[ 2007/01/19 00:29 ] [ 編集 ]

解体の始まりが震災の記念日、皮肉ですね。この日程を考えた方、せめても・・・と考えたのか、逆撫でしたのか・・・。
      京都より

[ 2007/01/19 15:45 ] [ 編集 ]

★路進さん ★ひろ009さん ★遊行七恵さん ★ROMさん

★路進さん
勿体無いけど、どうにもならない。。これが事実なんですよね。
保存にはお金がかかります。
私が大金持ちだったら。。そんな事考えたりします。

★ひろ009さん
今日の動きはどうだったんだろう? なんて考えます。
解体されてしまったらもう存在しなくなってしまいます。
せめて、解体前に内部公開でもして欲しかったなぁと思います。

塩屋ですか。。 
神戸 まだまだ歩きたい場所があります。

★遊行七恵さん
迎賓館の下の部分はすっかり綺麗に出来上がっていましたが、旧西尾邸部分は足場がありました。
テニスクラブはもう撤退されたのでしょうか?

折角須磨まで行きながら、見落としたものが多いので、改装が終わったら私もまた訪問しにいこうと思います。

★ROMさん
どうして震災の日に解体を始めなきゃいけなかったのか。。
実際震災に遭った人にはやりきれない事実だと思います。
[ 2007/01/19 22:34 ] [ 編集 ]

子どものころから大好きだった洋館の風景がなくなるのは,本当に残念でなりません.写真を掲載してくださってありがとうございました.
[ 2007/01/23 10:33 ] [ 編集 ]

★せんべいさん

★せんべいさん
子供の頃からご覧になってきたのですね。羨ましい限りです。

この画像は先週木曜日のもの。考えたくないけど。。その後、どうなったのかとても気になっています。
[ 2007/01/23 16:36 ] [ 編集 ]

室谷邸その後

ご存じかもしれませんが、神戸新聞記事(3月2日)に「昭和の名建築再生へ 昨年解体の「旧室谷邸」」とあります。

一見、朗報のように思えますが、果たしてそうでしょうか?

「MINUTES / 旧室谷邸の解体を考える」 をご覧ください。(神戸新聞へのリンクも張ってあります)
[ 2008/03/08 17:51 ] [ 編集 ]

★Minutemanさん

★Minutemanさん
書き込みありがとうございます。
「部材は保存してあった」と言う話をつい最近、聞いて ほっ。。としてあったのですが、ほんの一部だったのですね。

今は、更地なんですね。

解体されてしまった。。そのことがやはり哀しいです。
[ 2008/03/10 20:47 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/552-94750767


旧室谷家住宅、解体着手

美しい国NIPPONさんが先の記事のコメント欄で書かれていたように、旧室谷家住宅の解体作業が遂に始まってしまったようです(asahi.comの記事)。 年明け後、兵庫県建築士会等から、文化庁長官、知事
[2007/01/18 21:33] URL ひろの東本西走!?

悲しいニュース!須磨のランドマークでありヴォーリズの名作、旧室谷邸が解体

神戸市須磨は、「源氏物語」などにも描かれているように、平安の時代からの風光明媚な
[2007/01/21 17:53] URL 余は如何にして道楽達人になりしか

須磨離宮公園

須磨離宮公園須磨離宮公園(すまりきゅうこうえん)は、兵庫県神戸市須磨区の丘陵に広がる面積82ヘクタールの広大な、神戸市立の公園。庭園#西洋の庭園|西洋式庭園である本園と植物園からなる。、キャナル概要本園(面積58ヘクタール)は旧武庫離宮で、今
[2007/06/16 04:42] URL さえの日記