FC2ブログ







関門連絡線通路跡

門司港駅の一角に「関門連絡通路跡」を見つけました。

070326eki4.jpg


関門鉄道トンネルの開通以前に本州との連絡はこの門司港駅のすぐ傍から関門海峡を海路によって繋いでいた鉄道連絡船「関門連絡船」が航行していたそうです。

ここはその、「関門連絡船」乗場への地下通路跡です。

070326eki5.jpg

070326eki6.jpg


息子のページにリンク

息子が神戸の中学校に通うことになって、せがまれてブログを作ってやって一年余り。

このごろ京都のことを書き出しました。
(と言ってもマンガミュージアムですが)

そのときにえすさんのブログを教えたらそこからぽのこさんのページとこのページを覘きに来るようになりました。

神戸へ通う原因の一つを作ったのがキンタロウさんのおられるチーム、今そのキンタロウさんのページにyumeさんの書き込みを見つけてビックリしています。広がれ電脳の輪。

息子も含めてよろしくお願いします。
[ 2007/03/28 17:25 ] [ 編集 ]

★ROMさん

★ROMさん
息子さんのブログ 拝見させて頂きました。
とても繊細な感じのブログでした。きっと素敵な心優しい息子さんなんでしょう。。

ネットを通じたできた友達がたくさんいます。
知識が広がります。

ROMさん KAZさん キンタロウさん こちらこそ これからもよろしくお願いします。
[ 2007/03/28 21:31 ] [ 編集 ]

旧監視孔

地下通路跡では、戦争末期に設置され渡航者を監視していた旧監視孔の印象が強いです。
説明書きによると門司港は外国航路寄港地のため、関門連絡の通路は、戦時下の不審者を監視する絶妙の場所だったそうです。
駅構内では帰り水や幸運の手水鉢が思い出に残っています。
[ 2007/03/31 23:47 ] [ 編集 ]

★ルッチーさん

★ルッチーさん
監視孔 ありましたね。
「恐い時代があったんだなぁ。。」と実感して ちょっと背筋がぞくっ。としました。
夜行列車で駅に着いて最初に行ったのが お手洗い(笑) 門司で最初にみたのが 幸運の手水鉢。。でした。
[ 2007/04/01 15:38 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/648-42dbc09e