FC2ブログ







うすくち龍野醤油資料館*別館 (兵庫県龍野市)

0707271.jpg


うすくち龍野醤油資料館*別館(旧龍野醤油協同組合本館)
1921年(大正10年)建築
設計者不詳

うすくち龍野醤油資料館から少し北に歩いたところに別館があります。

07072720.jpg

ここの管理人のおじさんは話好きの面白い方でした。
「ソファーも、棚も、照明器具も何もかも当時からのもの。お金がないからそのままになってるだけです」と。。
0707274.jpg

0707275.jpg


0707277.jpg





二階へのアプローチも、二階の雰囲気も素晴らしい。。
0707278.jpg

0707279.jpg

07072715.jpg

07072710.jpg



「天井の扇風機はゆっくりゆっくり まだ回りますよ~」と。。
07072712.jpg

07072711.jpg


二階の小部屋、よく見るとステンドグラス。。
07072713.jpg

07072714.jpg

外から見ると窓のアーチ部分。
07072718.jpg





玄関のタイルも支柱もなかなかのもの
07072716.jpg

07072717.jpg





これだけの建物を見せて頂いて本館と共通で10円(重縁)
いいものを見せて頂きました。

07072719.jpg


関連記事
[ 2007/07/26 16:14 ] ---まちあるき--- 兵庫県 | TB(0) | CM(5)

うわ!これはイイ!龍野は昔仕事で行ってましたが・・・遠いですよね~^^;
[ 2007/07/26 22:44 ] [ 編集 ]

何年か前にここも行きました。お話好きなおじさんが案内してくれましたが、閉館間際で時間がなく、ゆっくり見れなかったのが残念です。こんな素敵なステンドグラスやタイルがあったなんて、見落としていたような。。。
[ 2007/07/27 02:28 ] [ 編集 ]

入場料10円て面白いですね。
お醤油の産地のことも知らなかったし、ローカル線の旅っていいなあ。
[ 2007/07/27 11:49 ] [ 編集 ]

瀧野って知らなかったですが、兵庫県にあったのですね!
当時ではお金のかかる洋館を建築が出来たのはかなりの富を一気に築くことができたのでしょうね!

趣のある洋館を見事に保存してありますね!そして10円の見学料がありがたい。

やっぱり、醤油の出来る町は何か良い物が残っていますね!
探せばもっとお宝が出てきそうな感じがします。
[ 2007/07/27 17:26 ] [ 編集 ]

★コースケさん
仕事で通うとなるとかなり遠いですが、観光で行くとしたら日帰りも可能な距離ですよ。
私のところから新快速で姫路まで2時間弱。そこから姫新線で15分。
姫新線の時間にさえ合わせればそんなに遠くないんです。
コースケさんのところからならさらにもっと近いですよね。
龍野の町は他にもたくさんのいい風景がいっぱいありました。

★vivasanさん
おんなじおじさんかな? 小柄な?
お話好きなのはいいのですが、どうも写真に集中できずブレブレ写真ばかりになりました。
ステンドグラス。。 発見した時は「おっ。。」と言う感じでした。

龍野の町には、さりげない近代建築がいっぱいあって。。楽しかったです。

★piitaさん
ローカル線に揺られるのいいですよ。
青春18切符は5回分が1セットですが、金券ショップで1回分を探してみて、ふらりと。。奈良の方行って見るとか、琵琶湖一周とかも面白いかもしれません。

★くま先生
いいものいっぱいありました。
「醤油の町」でもありますが、童謡「赤とんぼ」の作者「三木露風」の出身地と言うことで町のあちこちに「赤とんぼ」の模様があったりもします。
町の人が親切でした。

龍野シリーズまだまだ続きますのでお楽しみに。
[ 2007/07/27 21:42 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/828-68e3e58a