FC2ブログ







龍野の「しょうゆ饅頭」

龍野の町、和菓子好きの私には たくさんの和菓子屋さんが目に入りました。

0707322.jpg

0707321.jpg

「不二家」でなく「不二屋」




0707324.jpg

明治37(1904)年創業「吾妻堂」
ガイドブック等でよく紹介されています。



0707325.jpg

0707326.jpg

0707327.jpg

天保8(1837)年創業「清風」
龍野うすくち醤油記念館のすぐ近くにあります。




どこのお店にも「しょうゆ饅頭」「薄口しょうゆ饅頭」「しょうゆ羊羹」
「塩饅頭」はべたことあるけど「しょうゆ饅頭」ってまだないです。




帰路、「しょうゆ饅頭」は買って帰らなきゃ。。と 入ったお店はこちら。
0707323.jpg

0707328.jpg

寛保2(1742)年創業 「觜崎屋」

07073211.jpg

0707329.jpg

07073210.jpg


おいしかったです。
皮がお醤油の味してます。 そんな濃くない。。うす~いお醤油の味。
それがあんこの甘味を引き立ててくれています。
あんこも甘すぎず、重すぎず。
 
龍野に行ったら「しょうゆ饅頭」です。
関連記事
[ 2007/07/30 21:48 ] ---まちあるき--- 兵庫県 | TB(0) | CM(27)

了解です!!
龍野イコールしょうゆ饅頭なんですね♪
こういう薄皮まんじゅうみたいなやつ大好きなんですよぉ~

って知らない間にこんなところにこられてたんですね。。。
yume さんの行動力にはいつも頭があがりませぇ~んっ
[ 2007/07/30 22:08 ] [ 編集 ]

★まめさん
そうです! おいしいですよ~
こんな風にそれぞれの和菓子屋さんの手作りって言うのがいいでしょ。
それぞれに味が違っているそうで、まめちゃん「食べ比べ」なんていかが? ♪

正規の料金で遠出するのは大変なんで、青春18切符の期間に ずっと行きたいと思っている場所に行くようにしています。
電車に乗るのも好きだし。。 
青春18切符に感謝です。
[ 2007/07/30 22:28 ] [ 編集 ]

>夏、青春18切符の期間に ずっと行きたいと思っている場所に思い切って出かけ、暑さに弱いyumeさんは涼しい居宅より何日もに分けて素敵なブログを書くのでありました。
[ 2007/07/31 12:46 ] [ 編集 ]

おいしそうですう。
お醤油のほのかさが、あんこのおいしさをひきたてているようすが、とてもよくつたわってきまして、画像に手をのばしたくなってしまいました。
いくつでもいけそうですね。^^
[ 2007/07/31 16:41 ] [ 編集 ]

醤油饅頭、そのようなものがあるとは初めて知りましたが、旨そうですね!
饅頭フェチの私なら、あっという間に一箱、食べてしまいますよ!
糖尿病や通風になるのも時間の問題かな~注意しないとね~~~
[ 2007/07/31 19:00 ] [ 編集 ]

★賀茂茄子さん
そのとおりです♪
2年前位までは、なるべく涼しいところを求めて出かけていましたが、「暑い暑い。。」と見るものも見えず。。 
「もう暑いときに出かけるのはやめとこ。。」と思いつつもまた出かけ。。の繰り返しでしたが、去年あたりからやっと学習しました。
 青春18切符も外に出るよりも、列車に乗ってる時間を多く。。がコツなんですが、なかなか。。。見たいところも多くって。。

★もちやさま
ほい、きた(笑)
もちやさまの反応があるだろうと待ってました。
塩が隠し味になっている塩饅頭とは違って、あくまで「お醤油」です。まろやかなんですよ。
「醤油饅頭」の良さは、量産していなくって、各和菓子屋さんで作っておられるってことだと思います。

★くま先生
今回6個入りを買いましたが、6個なんてすぐです(笑)
土地の産物。。 くま先生が取材したい分野かもしれませんね。

糖尿病、通風。。。
ん~ 食べても太らない体、食べてもメタボにならない体、糖尿病にならない体があれば人生楽しいのになぁ ~
[ 2007/07/31 20:09 ] [ 編集 ]

些細なことですが・・・。

>塩が隠し味になっている塩饅頭とは違って、あくまで「お醤油」です。

塩饅頭 ⇒ 

赤穂の地元では塩味饅頭です。それというのも
塩味饅頭を最初に考案したとされるお店が
塩味饅頭だからです。
             by nekoさん

http://www.ganso-harimaya.com/
[ 2007/08/01 12:47 ] [ 編集 ]

★賀茂茄子さん
ありがとうございます。
「塩味饅頭」 これが正しい言い方なんですね。勉強になりました。

「塩饅頭」と書きながら別の面で気になっていたのは、「饅頭」と言うものの、固いでしょ。
寒梅粉で作ってあるからなんですね。
 ご紹介のサイトで知ることができ、さらに検索してわかりました。
[ 2007/08/01 16:23 ] [ 編集 ]

9月23日にもう一度たつのに行きませんか。理由はhttp://blog.livedoor.jp/katominakokuhi/
句碑の除幕式と多田周子さんの「赤とんぼ」のアカペラが聞けるからです。
[ 2007/08/19 20:21 ] [ 編集 ]

★播州太郎さん
はじめまして。
素晴らしい「式」のご紹介ありがとうございます。 あの場所でこのような除幕式があるなんて是非お伺いしたいところなのですが、その日は仕事なんですよ。。 残念です。

龍野の秋の空に「赤とんぼ」のアカペラ 似合いすぎますね。
[ 2007/08/22 12:48 ] [ 編集 ]

大津にもこの前ちょこっと行きまして日本映像企画の竹本さんとデート。映画「てんびんの詩」の普及啓蒙もやっています。近江と龍野の宣伝部長です。また会う日まで・・
[ 2007/08/24 12:44 ] [ 編集 ]

★播州太郎さん
播州太郎さんは きっと、私より滋賀にお詳しいと思います。
私にも「近江」の宣伝をしてくださいませ。。 
23~25日の木之本地蔵にも行きたかったんです。今津のヴォーリズ建築も見に行きたいし。

また大津にお越しの節はご連絡くださいませ。
[ 2007/08/24 19:45 ] [ 編集 ]

伊豆の山々~月あわく・・・これは古賀メロディーの湯の町エレジー 歌手は近江俊郎でしたが、近江と言えば、近江商人・・・全国に近江商人の町があります。近江は交通の要所、諸国の情報が集まり、商いも発達した土地柄です。山形市の八日町も近江商人の町と言われます。姫路市の海側も近江商人の町。他にも多数あるでしょうね。売り手よし、買い手よし、世間よしの三方よしは近江商人の家訓です。・・・ま、いろいろ近江は誇れるものがあります。我が家の近くには彦根藩主、井伊家の墓があります。東京世田谷、豪徳寺です。近所には近江屋というそば屋もあります。近江商人を研究してみてください。伊藤忠、西武、ワコール・・・
[ 2007/08/31 17:09 ] [ 編集 ]

山形市は八日町ではなく七日町でした。
[ 2007/08/31 17:11 ] [ 編集 ]

★近江八郎さん
「近江八郎」さん? どなたが改名されたのでしょ?(笑)

各地に「近江」があります。
それが、私の住む「近江」が発端になっているとは知りませんでした。
金沢には「近江町市場」もあります。
滋賀に住みながら「近江」を知らないなんていけません。勉強してみます。
ありがとうございます。
[ 2007/08/31 22:03 ] [ 編集 ]

播州を紹介するときは播州太郎、近江を紹介するときは近江八郎・・
[ 2007/09/01 06:03 ] [ 編集 ]

★近江八郎さん
きゃは。そうでしたか♪
近江八郎って「近江八幡」みたいですね(笑)
近江八幡もいい所です。
[ 2007/09/01 20:42 ] [ 編集 ]

近江はっけよい

近江八景というのもあるようです。
http://www.otsu.or.jp/8kei/8veiwn.htm
[ 2007/09/02 11:23 ] [ 編集 ]

★近江八郎さん
子供の頃習っていた書道教室で書く文字は「三井の晩鐘」が多かったです。
「近江八景」は比較的滋賀県民も知っていますが、八つ全部すらすら。。とはなかなか行きません。

嬉しいことに、「粟津の晴嵐」「瀬田の夕照」「石山の秋月」は近いんですよ。
「三井の晩鐘」は子供の頃住んでいたところの近く。
「矢橋の帰帆」って言うのは、環境が変わって今はもう見られなくなっているかもしれません。

時々 この「近江八景巡」のツアーがありますが、結構なお値段です。。

「石山の秋月」
今年は見に行ってみようかなぁ。
[ 2007/09/02 20:51 ] [ 編集 ]

そのサイトに和歌がありますね。

近江八景の和歌八首
石山の秋月 「石山や鳰(にお)の海てる月かげは明石も須磨もほかならぬ哉」

播磨の明石も須磨もお呼びでない・・・なんとも複雑! 


[ 2007/09/03 07:32 ] [ 編集 ]

★播磨屋伝兵衛さん
明石、須磨。いいじゃないですか。。
何年か前に尾道を訪れた時と、今回四国から瀬戸内海を感じた時、どちらも 瀬戸内海の静かさに惹かれています。
暖かいんですよね。
[ 2007/09/03 16:05 ] [ 編集 ]

23日龍野の句碑除幕式ご都合会わず残念です。
また、企画を追加しました。俳優佐藤輝さん(ラ・マンチャの男のサンチョ役)のトークと歌もあります。http://www.h4.dion.ne.jp/~terutsuu/TeruW3.HaiyuSatohTeru.html
次々式を盛り上げようと画策中。晴風のしょうゆ饅頭をご来場の方に1個進呈のサービスも。個人でやるメセナです。
[ 2007/09/16 17:29 ] [ 編集 ]

★播磨屋伝兵衛さん
除幕式、もうすぐですね。
準備になにかとお忙しいでしょう。

盛大な式 見ることが出来ずに残念です。
お天気に恵まれるといいですね。

また様子をお聞かせください。
[ 2007/09/16 21:25 ] [ 編集 ]

龍野城に集まった150名・・たつの市長、副市長、教育長、兵庫県西播磨県民局長(知事の代理)、龍野高校校長、龍野高校同窓会長、元門弟・・・日本伝統俳句協会理事の山田弘子氏らが参列・・・・全員で紅白の綱をひき除幕、四国庵治石に刻まれた「朧銀の水のめぐりて初ざくら」の句碑が現れる。多田周子のソプラノで赤とんぼ、揖保川、ふるさとの、いずれも三木露風作詞の歌が響く。句碑が命を持つ瞬間であった。ラ・マンチャの男のサンチョ役の佐藤輝氏が歌を披露。
そして祝辞・・やがて多田周子が碑文に節をつけて歌う。俳句の朗読ではなく歌唱である。まさに画期的。参列者全員で俳句を歌唱する・・・・朝日、読売、神戸新聞が取材・・てなことでございました。
[ 2007/09/23 22:34 ] [ 編集 ]

★播磨屋伝兵衛さん
おめでとうございました。
盛大な除幕式となったようですね。
華やかな様子が伝わってきました。
[ 2007/09/24 21:50 ] [ 編集 ]

龍野の新・抒情歌

http://music.geocities.jp/ntmusicstation/index.htm

もののついでに同窓会のパーティー会場で聞かせる歌を周子さんと作ってしまいました。「君といたふるさと」どうぞ・・
[ 2008/04/25 16:25 ] [ 編集 ]

★播磨屋伝兵衛さん

★播磨屋伝兵衛さん
おひさしぶりです。
お歌 拝見させて頂きました。
胸がきゅん。。としてしまいます。
そんな頃があったなぁ。。。 今はそれぞれが大人になって。。と言う感じです。
[ 2008/04/25 21:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/833-467fbcc1