FC2ブログ







金福寺

0511266.jpg

金福寺の石段を上がったところの、もみじは殆ど落ちていて厚い絨毯になっていました。
ここはやはり本堂の背後に佇む茶室・芭蕉庵ともみじ。。のコントラストが綺麗です。0511267.jpg

05112610.jpg

0511268.jpg

もう少しするとこの茅葺屋根の上が真っ赤なもみじでいっぱいになるのでしょうね。
なかなか、すべての場所に一番の見頃に行くのは難しいです。0511269.jpg


新緑の頃、ツツジの頃の金福寺はこちらをご覧くださいませ。
関西おいしいものさん「金福寺」
京都あちらこちらさん「金福寺(5/31)」
京・壺螺暮 さん「芭蕉庵の庭」
yume_cafe「金福寺」
関連記事
[ 2005/11/26 21:54 ] ---まちあるき--- 京都府 | TB(1) | CM(9)

レベルが違う・・

京都の紅葉は、こちらの方の紅葉とはぜんぜん違いますね!もう完敗って感じです。>茅葺屋根の上が真っ赤なもみじでいっぱいになるのでしょうね・・なんて素敵なんでしょう!
[ 2005/11/26 22:45 ] [ 編集 ]

v-34 pokopenさん
多分 日本のどこにでもこういう風景ってあると思うのですよ。 茅葺屋根の家がそのまま残っているところありますものね。。
でも。きっと日常的な風景になってしまっているんだと思います。
それもまた、うらやましい話です。
[ 2005/11/26 23:04 ] [ 編集 ]

曼珠院では行くのをあきらめていたのに、芭蕉庵を見ると行きたくなってきました!二枚目屋根の左横に見える白いのは山茶花の木でしょうか。もし、こんな大きな木で咲いているならますます見に行きたくなってきます。
[ 2005/11/26 23:23 ] [ 編集 ]

あんな茅葺で、お酒でも飲むか、料理食べたいですね。
お寺の人って、夕暮れとか、休館日とかに、ああいう庭園の茅葺や茶室で、お茶会とか、園遊会とかやってるんでしょうか???
贅沢ですねえ。あんなお庭で。。。
たとえば、金閣からお庭を見下ろしながら酒飲むなんて。。。一度やってみたいな
[ 2005/11/27 14:05 ] [ 編集 ]

v-34 piitaさん
曼珠院は少し登らないといけませんが、こちらはまだ近いですよね。茅葺屋根ともみじ。。 日本だなぁ。。って思います。
白い花。。よく見ていませんでした。ごめんなさいね。

v-34 ぼんさん
「お寺の人」冥利でしょうか。 公開時期の限られているお庭でも普段はどうされているのか?って考えてしまいます。
最高の贅沢ですよね。
[ 2005/11/27 20:12 ] [ 編集 ]

日曜日の今日行ってきました!

yumeさん、こんばんは。
TBありがとうございます。
よりにもよって日曜日の今日、一乗寺・修学院に行き、金福寺さんへも行きました。
山門を入ったところ、芭蕉庵の門前はもみじのじゅうたんになってますね。
芭蕉庵の門を入ったところの紅葉も綺麗でした。
私もTBさせて頂きますね!
[ 2005/11/27 21:44 ] [ 編集 ]

v-34 くみちょーさん
本当に紅葉の絨毯でしたねぇ~
芭蕉庵の屋根の上が絨毯になった景色も見て見たいと思いました。
トラックバックありがとうございました。
[ 2005/11/28 18:36 ] [ 編集 ]

茅葺き屋根と紅葉の写真がとっても奇麗ですね。
最後の写真は真っ赤だけど、中はまだ緑が残っていたり、何層も紅葉が楽しめるようになってるんですね。
[ 2005/12/02 21:17 ] [ 編集 ]

★tnk_atkさん
茅葺屋根と紅葉は似合いますね。
12月なのにこちらまだあちこちで紅葉が楽しめる暖かい師走です。
[ 2005/12/02 22:55 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/94-4466710c


一乗寺・金福寺・・・芭蕉庵と紅葉2005

貞観6年(864年)円仁(慈覚大師)の遺志を継ぎ、安恵僧都が天台宗寺院として創建したのが金福寺 (こんぷくじ)。 その後一時荒廃し、江戸中期に鉄舟和尚が再興して、臨済宗南禅寺派となった。 松尾芭蕉が、鉄舟和尚を訪れ親交を深めたので、村人達によって後丘の庵を「芭
[2005/11/27 21:44] URL 京都人ブログ