FC2ブログ







村岡氏邸 (旧村瀬医院) (滋賀県近江八幡市)

11月10日 ヴォーリズ建築連続講座第2回。



0711212.jpg

昭和8年に「岩瀬医院」として建てられたものです。

手前の建物と後方の日本建築ともに「ヴォーリズ建築
ヴォーリズ建築と言っても色々で、これも教えて頂かなければ、気がつきません。


0711211.jpg

0711214.jpg

0711216.jpg

0711217.jpg

窓の形、あかり取り窓の格子など、ヴォーリズさんぽさが見えます。
この洋館部分が医院として使われていた部分で、診察室、薬局、二階手術室等はそのまま診療所時代の名残を留めたままだそうです。




この建物の特徴は洋館と、和風建築が渡り廊下でつながっていること、階段踊り場からつながっているとの事。
0711213.jpg




0711215.jpg



近江八幡の町には、さりげなく、ヴォーリズ建築が今もしっかりと残っています。


関連記事
[ 2007/11/23 15:00 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(5)

それと教えてもらわないと分からないかもしれませんね!
窓に特徴が見られますが・・・・・・
今は完全に近江八幡の風景になじんでいますが、完成したときは目立ってたんでしょうね~~
[ 2007/11/23 19:51 ] [ 編集 ]

★くま先生
ひとめで「これはヴォーリズ!」とわかるものもあれば、「えっ? そうなの?」ってものもあります。
それぞれの場所、使われる人に合わせての設計だったのでしょう。

まだ洋館が少なかった時代、アーチ窓の少なかった時代、いろいろな反応があったでしょうね。
[ 2007/11/23 22:43 ] [ 編集 ]

あ~この建物!!(゚o゚)
この前の散策で偶然見かけた時は、めっちゃ惹かれるものがあってヴォーリズ建築やったらえーなぁ~と思ってたけど、本人でしたか(笑)

もう開業されてないんですね。
何か惜しいような気が。。。

写真は取らなかったけど、次回行く時の楽しみがまた増えました(^-^)
[ 2007/11/23 22:53 ] [ 編集 ]

これはわかりませんね。

昔のお医者さんと洋館、イメージがつながります。
[ 2007/11/24 14:20 ] [ 編集 ]

★うさこさん
すごい! ピン!ときましたか。。
なかなか見る目 ありますねぇ。
私は言われなかったら気づかなかったなぁ。
でも近江八幡の町を歩いているとどれもヴォーリズ建築に見えてくるから不思議です。

★道具係さん
洋館部分だけだとヴォーリズさんを感じるのですが、隣の日本建築と一体になっているとはなかなか気づきませんよね。
面白いです。
[ 2007/11/24 22:18 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/985-301cc8fc