FC2ブログ







ヴォーリズ記念病院 ツッカーハウス (旧近江療養院 本館)  (滋賀県近江八幡市)

0711245.jpg


ヴォーリズ記念病院ツッカーハウス(旧近江療養院本館)
1918(大正7)年建築
ヴォーリズ設計

正面二階と両サイドの六角形の窓、各部屋に光が入り込むように設計された窓。
患者さんの快復第一に考えられたヴォーリズ氏の暖かい心を感じさせてくれる建物です。


「ヴォーリズ記念病院」
ヴォーリズ自身が、あまり丈夫ではなかったせいでしょうか、周囲の人間の健康維持にとても気を使っていたようです。
 現在では、「ヴォーリズ記念病院」という総合病院になっていますが、開院当初の目的はサナトリウム(結核療養院)でした。



今から30年以上も前、近江八幡を車で走っていると、遠くの広い場所に洋館のある異国のような雰囲気の風景が見えたのでした。
あれが「ヴォーリズ記念病院」

近江八幡中心部からも少し離れていて、いつか訪れたいと思っていた場所。 意外に日弁禮神社からも歩ける場所でした。




「ツッカーハウス」
旧近江療養院本館です。
ミス・ツッカーの5000ドルの寄付が基金となって建設されたため、そう呼ばれています。

0711246.jpg


建物裏側です。
0711241.jpg

0711242.jpg

0711243.jpg

0711244.jpg


色づき始めた木々が綺麗にこの建物を飾ってくれていました。



0711247.jpg

老朽化が激しく、解体後、ホスピスを建てる計画がありましたが、反対運動が待ちあがり、現在は保留状態ですが、今後どうなるかわからない建物です。
関連記事
[ 2007/11/25 15:00 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(5)

周りの景色といい、心打たれる建物ですね~~。結核療養院ということもあり、なんとなくもの悲しも感じますね~~
老朽化が気になります。改築しても利用するが手立てがなさそうですからね~~どうなるのかな~。
[ 2007/11/25 21:00 ] [ 編集 ]

近江八幡のヴォーリズ建築・・・
ここは私も見に行けていませんが
だいぶ老朽化して先行きが不安ですね。
私たちには何もできませんが
何らかの形で残って行って欲しいです!
[ 2007/11/25 21:20 ] [ 編集 ]

★くま先生
「サナトリウム」と言う響きが似合いそう。
昔は不治の病。 みなさんどんな気持のこの建物の中におられたんでしょ。

★一休さん
地図で見ると遠く、八幡の駅からバスだなぁ。。と思っていたのですが、日弁禮神社あたりからずっと山沿いに受講生のみなさんといろいろなお話をしながら歩いたら、すぐでした。


「どうすることもできない」
いつも この現実に胸が苦しくなります。
病院敷地内のこの建物を残してどうする?
近代建築を愛していて哀しいのは この現実です。
[ 2007/11/25 22:12 ] [ 編集 ]

おおーっ!憧れのツッカーハウス。
前面から見る3階建てがかっこいいです。
大王松も残されてる!

市民の運動で残されることになったと聞いて安心していたのですけど、そうでもないのですね。老朽化の問題は深刻ですし。。何とかならないのかなあ~。
[ 2007/11/26 03:29 ] [ 編集 ]

★vivasanさん
この感じがいい。。 「老朽化」しているこの感じがいいんですけどね。
「そんな事言っても、一体どうする?」それが現実ですよね。

ん~ 哀しいです。
[ 2007/11/26 22:23 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/993-dee00f6f