FC2ブログ







吹屋の町並 (岡山県高梁市)

 標高550メートルの山嶺に塗込造りベンガラ格子の堂々たる町家が建ち並んでいるのは、江戸時代から明治にかけて中国筋第一の銅山町に加えて江戸後期からベンガラという特産品の生産がかさなり、鉱工業地として大いに繁昌したからである。
 幕末から明治にかけて吹屋はむしろ「弁柄の町」として全国に知られていた。しかも吹屋街道の拠点として、銅や中国山地で生産される砂鉄、薪炭、雑穀を集散する問屋も多く、備中北部からの荷馬の行列が吹屋に続き、はたご屋、飲食店の立ち並ぶ山間の市場町として繁昌していた。 
 (吹屋ふるさと村 郷土館 パンフレットより 抜粋)

町はベンガラ色。
中国地方の山中にある赤く明るい町。。 そんな印象を持たせてくれました。

fukiyamachinami2.jpg
[ 2008/02/22 12:00 ] ---まちあるき--- 岡山県 | TB(0) | CM(6)

国内最古の現役木造校舎「吹屋小学校」 (岡山県高梁市)

fukiyasho6.jpg


fukiyasho2.jpg


明治42年建築の木造校舎は、岡山市から北西に2時間程 走ったところにあります。
[ 2008/02/21 12:53 ] ---まちあるき--- 岡山県 | TB(1) | CM(11)