姫路モノレール資料展示 <於・旧駅舎3階コンコース>  (兵庫県姫路市)

コンコース跡に於いて、資料展示がありました。

まずは「資料」よりもコンコースとしての、面影を感じたかったのですが、多くの人々と展示物に埋もれてしまいました。

0911211.jpg

0911212.jpg

0911213.jpg

0911214.jpg


姫路モノレール 車輛 (兵庫県姫路市)

 手柄山旧モノレール駅舎は、昭和39年に建設されたレンガ調の建物で、建設当時の雰囲気を色濃く残した、本市の戦後復興期を彩る建物です。
 近年、老朽化が著しいため、駅舎北側の水族館と一緒に、改修工事を行うコトとなりました。
 改修工事完了後は、1階と2階の増床スペースに淡水生物を中心とした展示を行う水族館の新館が、2階のプラットホームには、モノレール車両2両の展示を、3階には、多目的ホールを中心とする(仮称)手柄山交流センターを設け、多様な機能を持つ複合施設として、リニューアルオープンします。
 モノレールの公開は、平成23年4月頃を予定しています。
(姫路モノレール公開 パンフレットより 抜粋)



 これに伴う、工事の一環としてこのたび、モノレール車両が駅舎外に出され、今回、公開されることとなったのです。
 マスコミなどの宣伝効果もあってか、午前10時の説明会の始まる前から、人はいっぱい。。
こういうのが好きな人って、私だけじゃないんだなぁと実感。。
 モノレール跡を歩いて、ここに来るまでにもたくさんのモノレール目当ての人々と会いました。


0911201.jpg


モノレールが屋外の空気に触れたのは何年ぶりでしょう。
40年以上前、こうしてここで活躍していたのだと思うと、嬉しくなってきます。

姫路モノレール跡 (兵庫県姫路市)

 1970年(昭和45年)「大阪万国博覧会」の前後、高度経済成長期 博覧会ブームでもあったのでしょう。 1968年(昭和46年)滋賀県大津市でも「びわ湖大博覧会」が現在の西武百貨店、あたりの埋立地で開催されていました。
 姫路でも同様に1971年(昭和46年)「姫路博覧会」が開催され、それに合わせて姫路駅から開催地の手柄山公園までを結んで開業されたモノレールが「姫路モノレール」
いずれ鳥取までを結ぶという想いもあったようですが、博覧会終了後、昭和49年運休、昭和54年廃止となりました。
 ところが、モノレール跡はその後もそのまま残され、今も部分的に空に映えるレールを残し、姫路の町を飾っています。

 テレビニュース等で情報は得ていながらも訪れる機会がありませんでしたが、今回 モノレール車輛公開される事になり、姫路駅から手柄山までのレール跡を訪ねながら、公開場所に行く事にしました。


 0911191.jpg

JR姫路駅下車、駅の前を通る道路、山陽百貨店キャスパを越えて左に(西)進みます。
何度か右奥を確認、支柱が見え始めたら そのあたりが姫路モノレール跡の始まりです。
始発駅「姫路駅」は山陽百貨店あたりにあったそうです。

江若鉄道廃線跡 (滋賀県大津市)

6月の、とある日、 「ぷにょさん」と、大津の町を歩きました。
その殆どが、私が生まれ育った大津市中心部。 大人になって「そのままに古いもの」が好きになってからも何度も歩いた場所ですが、私よりもっと鋭く「そのままに古いもの」が好きな彼女との 大津の町歩きは。。改めて多く、深く発見がありました。

まずは京阪浜大津駅スタート。駅近く、「明日都浜大津」の建物のの北側あたりから 江若鉄道の廃線跡を少しの間 辿る事が出来ます。

「江若鉄道」は、当ブログでも何度か取り上げています。
ありし日の江若鉄道
廃線から40年の江若鉄道 <近江今津駅>
江若鉄道ボンネットバス資料館

0907061.jpg

[ 2009/07/05 17:00 ] ▼廃線・未成線 江若鉄道 | TB(0) | CM(2)

江若鉄道 ボンネットバス資料館 (滋賀県大津市)

江若鉄道は、1969年に廃線となりましたが、、江若鉄道を運営していた会社については鉄道事業廃止後も江若交通として湖西線沿線で路線バスを営業している京阪グループのバス会社として残っています。

0810037.jpg



[ 2008/10/06 17:00 ] ▼廃線・未成線 江若鉄道 | TB(0) | CM(12)

廃線から40年の江若鉄道 <近江今津駅>  (滋賀県高島市)

江若鉄道
近江の「江」 若狭の「若」 の文字通り、近江と若狭を結ぼうと設立された鉄道会社でした。
1921年(大正10年)に滋賀県の「三井寺下」-「叡山」 間が開業。
1969年(昭和44年)廃線と言いますから、約50年、滋賀の西部を走っていました。

実家は「三井寺下駅」のすぐ近く、三井寺下駅は車庫となっていて、「危ないから近づいてはいけない」と親に強く言われながらも、いつも並んでいる車両を目にしていました。

幼稚園に行く道の途中には江若鉄道の踏切があり、踏切番のおじさんがいつも小さな小屋に居て、電車が近づくと手動で遮断機を下ろし、旗をふっておられました。
廃線間近になると 車両を花で飾った電車が時々走るようになり、その電車が見たくて ずっと踏み切りの前で待っていて、幼稚園に遅刻した事もありました。。

廃線跡も長い間 線路はそのままで、レールと枕木を踏みながら、中学へ通う道では。。憧れの彼と言葉を交わしてドキドキしたり。。

残念ながら一度も乗った事はないのですが、父は江若鉄道で堅田まで通勤していましたし、
何かと思い出深い鉄道。
一番最初に出会った、一番近い鉄道でした。

0608263.jpg



関連記事 →  ありし日の江若鉄道
[ 2008/10/05 17:00 ] ▼廃線・未成線 江若鉄道 | TB(0) | CM(4)

沖縄軽便鉄道  (沖縄県名護市)

0806413.jpg

え? 沖縄軽便鉄道が走っているの?

「沖縄軽便鉄道」
「ゆいレール」が開通するまで、沖縄は鉄道のない唯一の県として有名でしたが、実は 戦前、那覇から、与那原、糸満、嘉手納方面まで「沖縄軽便鉄道」が走っていたのでした。

びわこ京阪奈線 (滋賀県・京都府・大阪府)

「びわこ京阪奈線」
聞き慣れない路線名です。
それもそのはず、正式には 「びわこ京阪奈線(仮称)鉄道構想」 ">「びわこ京阪奈線(仮称)鉄道構想」 です。


近江鉄道「米原駅」を起点として、→現在の近江鉄道終点「貴生川駅」  信楽高原鉄道起点「貴生川駅」→信楽高原鉄道終点「信楽駅」
そして 「信楽駅」から新線を作り、国道307号線と並行して京都の学研都市線の「京田辺駅」までの約90kmを結んでしまおうというものです。

0805361.jpg

「みんなで利用して『びわこ京阪奈線(仮称)』を実現しよう!」
と言う事で、信楽高原鉄道、近江鉄道の一日乗り放題切符が発売されています。
0805362.jpg


土日休になる事がなかなかない私ですが、 「遊ランド信楽」">「遊ランド信楽」キャンペーン期間中は平日も発売されていると言う事で、私も利用させて頂ける事となりました。


f_01.gif

旧宇品線跡 (広島市)

広島に着いてから手に入れた地図に「宇品線跡モニュメント」と言う文字を見つけて、予定外に訪ねた場所。


 「宇品線」は広島駅から宇品港まで結んでいた路線で、日清、日露戦争、太平洋戦争に出征・復員する兵士や物資を運ぶ路線として活躍していました。
戦後は一般に利用される路線としても使われていましたが、昭和41年旅客輸送を停止、続いて昭和46年貨物輸送も廃止されました。


瀬戸内海。
0711039.jpg



宇品波止場公園
 0711032.jpg




[ 2007/11/03 20:00 ] ▼廃線・未成線 宇品線 | TB(0) | CM(5)

関門連絡線通路跡

門司港駅の一角に「関門連絡通路跡」を見つけました。

070326eki4.jpg

ありし日の江若鉄道

 子供の頃、家の前の路地を出たところに「三井寺下」という江若鉄道の駅がありました。列車や大きな建物が見えていました。
 幼稚園に行く途中には踏切番のおじさんが二人居て、列車が通る時には手動で遮断機をおろしていました。
そこを赤い電車を通り抜ける姿が私は好きでした。

 「江若鉄道」
浜大津から今津をつないでいた私鉄です。
近江と若狭をつなぐという夢を持った路線でしたが、JR湖西線の開通で廃線に追い込まれました。

「ありし日の江若鉄道」
0608261.jpg


絶対見逃したくはない企画展でした。
[ 2006/08/26 18:04 ] ▼廃線・未成線 江若鉄道 | TB(0) | CM(7)

大宮交通公園の市電

神光院から南へ歩くと「大宮交通公園」があります。
ここにある市電をもう一度見たいと思いました。
0512091.jpg

[ 2005/12/09 23:07 ] ▼廃線・未成線 京都市電 | TB(0) | CM(7)